バイナンス取引所は、リリースから4年後に日本に戻る予定です

世界トップの取引所である日本の仮想通貨市場から離れるつもりはない バイナンス別れのはずだったものの4年後、日出づる国での活動に戻る予定です。

バイナンス 1つを求めようとしています 日本の暗号通貨市場での運営を定期的に認可また、有名な取引所への関心の高まりは、日本が Web3 と互換性のある政策を採用しようとしているという事実に関連しているようです。

ニュースは最近数時間で確認されました ブルームバーグより多くのアプローチとして彼が指摘した 暗号化対応 日本からその結果、新規ユーザーを獲得する可能性が高まり、Binance はリリースから 4 年後に日本市場に引き付けられました。

Web3 テクノロジーに向かう日本

バイナンスが日本の仮想通貨市場に再び参入するという決定は、 岸田文夫 ~の解決策を探す方向に進む 「新資本主義」拡大する不平等に対抗するために、広範囲に及ぶ政策にも焦点を当て、 仮想通貨とNFTの税制改革.

3月にロンドンの金融街で行われた日本の首相の演説の中で、彼は、日本は「日本は、 Web3 テクノロジーのように、どのように ブロックチェーン、NFT、メタバース」.

同社の広報担当者は、 ブルームバーグ バイナンスは「規制当局や政策立案者と協力して、消費者を保護し、イノベーションを促進し、業界を発展させるポリシーを設定することを約束している」が、日本市場でよく知られている取引所の計画については詳しく触れない.

日本市場におけるバイナンスの歴史

有名な取引所なら バイナンス 日本の仮想通貨市場でのライセンス取得に成功すれば、熾烈な競争に直面することになる。

実際、次のような世界的に有名な取引所 クリプトドットコム FTX一方、2022 年の初めには、ソブリン ファンドの支援を受けている企業 シンガポール テマセク 仮想通貨取引所を購入した デカレット 2018年から日本で活動を続けています。

興味深いことに、日本が示したばかりのオープンな姿勢 たとえば英国や米国のように、世界の他の国々がこの時点で想定していることに逆行しています。特に、デジタル資産市場から 2 兆ドルほどを吹き飛ばした仮想通貨の暴落の後、いくつかの企業が閉鎖を余儀なくされました。彼らの店。

しかし、政府は手に負えないと思われることを望んでいないため、6月にステーブルコインがこの場合の日本円のような法定通貨で裏付けられることを要求する法案を可決したのはそのためです。

はどうかと言うと バイナンス交換は2018年に日本で機能しましたが、その後 金融庁(FSA) 彼は正規の免許を持っていなかったので、日本人は彼を日本市場から締め出しました。

その後、2021 年に FSA はバイナンスに新たな警告を発しましたが、今回は市場規制当局への登録に失敗したためです。

イーサリアム、ビットコインなどの通貨を売買して暗号市場に投資したい場合は、 バイナンス. VSリカク 新しい口座を開設する人に提供できるものを見つけるために。

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です