ファルコネリは、ヨーロッパとイタリアを超えて、炎上する日本に目を向ける

おそらく、Calzedonia Group の 2022 年は、アントニオ・マラスの買収 (9 月 8 日の Il Sole 24 Ore を参照) でとりわけ記憶されるでしょう。 2023 年 2 月に開催されるミラノのファッション ウィーク。 Intimissimi、Tezenis、Signorvino、Atelier Emé (結婚式とフォーマルウェア)、Falconeri というグループにその名前を付けています。

2022年に多くの前向きなニュースがもたらされたのは後者からであり、近年、さらにはパンデミックの最も困難な時期に行われた重要な投資にも関連しています. 「カシミアやその他の細い糸を使用したセーターや衣類を可能な限り低価格で提供したいブランドにとって、日本市場に取り組むことは非常に野心的で、ほとんど無謀な挑戦です」と Calzedonia グループの社長である Sandro Veronesi は述べています。 一方で、日本は、ユニクロやその他のブランドの価値に基づいて帝国を築き、ヨーロッパでの拡大を何年にもわたって目指してきた Fast Company の本拠地です。 その一方で、世界で最も要求の厳しい、高品質の糸と生地の最も優れた愛好家の中に、地元の顧客がいます。」

最初のステップは、ほとんどのファッションブランド、特にハイエンドブランドが位置する東京の地区である銀座に Falconeri ストアをオープンすることでした。実際、今日、マックスマーラは 400 メートルの旗艦店をオープンします)。 「農家から生産までのサプライ チェーンの品質と透明性に加えて、主にイタリアの工場で行われ、日本製と非日本製の両方のスタイルと、さまざまなモデル、カット、ルックスを提供しています」と Veronesi 氏は言います。

近年、トレント県のアヴィオにあるファルコネリ本社のスタイル オフィスは、カシミア、暖かい糸、冬の糸の季節性を減らすために、女性と男性のコレクションの拡大と素材の組み合わせに熱心に取り組んできました。優秀。 「2022 年には、イタリアとヨーロッパに他の店舗をオープンしましたが、将来的には、日本と同様にイタリア製と品質全般を高く評価する国である韓国も考えています」と Veronesi 氏は言います。 しかし、商業的な考慮事項や、市場と最終顧客の特性の違いの分析とは無関係なテーマが 1 つあります。それは、Falconeri (および Calzedonia グループ全体) にとって、グリーン ウォッシングから最も遠い持続可能性です。

Falconeri の「優れたカシミア」は、モンゴルと内モンゴルから直接届く特別な糸の選択から生まれます。 特にダウン繊維は、東アジア地域で最高級で最も価値のある山羊のダウンを選択しています。 「ここから、ブランドの 2 つの旗艦糸が生まれました – 下線は Veronesi です -: Ultrafine 2.50 は、2 つの梳毛糸と撚り糸で構成されており、体温調節、伸縮性、通気性の面で非常に高い性能を保証します: 1 つの衣服の場合、 12キロメートルのワイヤー」。 次に、グループがビエッラ地方の工場と協力して、2 つの撚り糸で構成されるカード糸で作られた、暖かい「ボディ」セーター用の Ultrasoft 2.28 糸があります。 「この場合、1 回の描画に 10 キロメートルのワイヤーが必要です。カルツェドニアの社長はこう結論付けています。 競争力のある価格設定ポリシーのおかげで、例外的でありながらアクセスしやすい品質: Falconeri の優れたカシミアの衣服は 149 ユーロで提供されており、原材料とエネルギーの一般的な増加を考慮して、値上げを可能な限り遅らせるように努めます」.

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です