フォーカスジャパン、ファンドフローは6月の世界的な急落で回復

6月中旬にウォール街を弱気相場に陥れた世界的な急落は、投資家が日本のファンドに積み重なったため、安全な避難所の捜索を引き起こし、フローを5か月間で最高に押し上げました.

新たな関心は、日銀がその非常に緩和的な政策を維持する能力についての投資家の懐疑論の高まりに反するものである.

モーニングスターのデータによると、すべての日本の資金への純流入は、5 月の 7,860 億円から 8,970 億円 (66 億ドル) に達し、4 月の最低値である 3,640 億円からほぼ 2.5 倍に回復しました。

同紙編集者の島田千穂氏は「4月に日本の投資家が利益確定のために外国/米国の株式ファンドを売却し、資金流入が弱かったが、円安と外国/米国株のパフォーマンスの低さからトレンドが反転した」と述べた。 モーニングスター イボットソン アソシエイツ ジャパンを子会社化。

「投資家はREITや高所得の株式ファンド、米国株式インデックスファンドなどの所得連動型ファンドに資金を注ぎ込みましたが、最近はパフォーマンスが低下しています。」

日本の株式ファンドへの純流入額は 5 月の 564 億円から 1,040 億円にほぼ倍増しましたが、株式市場は過去 1 年間でジェットコースターに乗っており、流入額はマイナス 1,176 億円から昨年 9 月の最小値まで変動しています。 米国の調査会社は、パッシブファンドに対する投資家の強い欲求が成長の原因であると考えており、流入額は前月から500億円増加し、総株式流入額の半分を占めています。

パッシブファンドが日本株の流入を後押し

同時に、日本の不動産投資信託(REIT)からの資金流入は、日本での前例のない金融緩和に牽引されて、過去最高の57.6兆円に急増しました。

2 番目に高い月は、パンデミックの最盛期である 2020 年 6 月の 529 億円でした。

モーニングスターによると、今月最も多くの資金流入を受けた上位 10 ファンドのうちの 2 つは、大和証券投資信託委託と三井住友トラスト アセット管理が発行したジャパン リートです。

J-REIT はこれほど目覚ましい回復を遂げましたが、投資家が国債利回りを 10 年物 0.25% に制限することを目的とした中央銀行のイールドカーブ コントロール政策を警戒しているため、株式市場は別の話をしています。 3%の利回りに相当する米国債。

東京証券取引所の不動産信託指数は今年、金利に敏感な性質のために 5% 急落しましたが、他の主要経済国の同様の指数の平均下落率 21% を上回っています。

日本の債券流入は3倍に

最近、多くの海外投資家が日本の国債にショートベットをしているが、モーニングスターによると、新しい債券ファンドの立ち上げが成功したおかげで、6月の日本の債券ファンドは3倍以上の164億円に達した。

日銀の最近の声明によると、政策立案者は 6 月に曲線に沿って国債購入を強化した後、7 月から 9 月の期間に予定されている国債購入の量と頻度を維持する予定です。

日本の長期債券ファンドが資金流入を後押し

日本の債券の流れを示すモーニングスターのチャート

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。