フットボール オスカー 2023: ノミネート

オスカーシーズンがアメリカで始まり、私たちは編集者に不意を突かれたわけではありません:これがサッカーの年のノミネートです

から ハリウッド L’学校 を知らせる 2023年のオスカー候補. そして、ニュース編集室にいる間、私たちは (pluralis maiesatis) を応援します ブレンダン・フレイザー寓話者 (私たちがそうであることを思い出させる必要はありません 優れたフットボールの専門家だけでなく、映画の専門家でもあります、そうですか?)私たちは、サッカーの世界でのノミネートに負けないように決めました。 レッド カーペットを準備し、最高のイブニング ドレスを準備します。 Calcionews24.com

ベストフィルム(ベストイタリアチーム)

– ナポリ (スクデットは 1 月にすでにポケットに入っていますか?)

– ミラン (Pioli’s on Fire: イタリアのチャンピオン)

– インテル (カップの女王)

– ローマ (ラ・コンフェレンスでデビュー)

– サレルニターナ (インクレディブル)

最優秀外国映画(最優秀外国人チーム)

– レアル・マドリード (チャンピオンズリーグの確実性)

– ベンフィカ (ポルトガルのライオンがヨーロッパをかむ)

– アーセナル (フィーバー アット 90 フィート)

– Lyon Feminine (ヨーロッパの女王)

– アルゼンチン (世界チャンピオン)

– モロッコ (企業チーム)

主演男優賞(国際サッカー選手賞)

– リオネル・メッシ (アルゼンチン)

– キリアン・エムバペ (PSG、フランス)

アーリング・ハーランド (マンチェスター・シティ)

– カリム・ベンゼマ (レアル・マドリー)

– ソフィアン・アムラバット (モロッコ)

ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)

最優秀助演男優賞 (最優秀セリエAサッカー選手)

– Khvisha Kvaratskhelia (ナポリ)

– Ciro Immobile (ラツィオ)

– ラファエル・レオ (ミラノ)

–ビクター・オシメン (ナポリ)

– ラウタロ・マルティネス (インテル)

サンドロ・トナーリ(ミラン)

最優秀女優賞(最優秀国際サッカー選手)

– Ada Hegerberg (リヨン)

– アレクシア プテラス (バルセロナ)

– アイタナ・ボンマティ (バルセロナ)

– ウェンディ・レナード (リヨン)

– ベス・ミード (アーセナル)

最優秀助演女優賞(最優秀セリエAサッカー選手)

– ヴァレンティーナ・ジャチンティ (ローマ)

ジュリア・グロッソ(ユベントス)

– リサ・ボーティン (ユベントス)

– マヌエラ・ジュリアーノ (ローマ)

– マルティナ ピエモンテ (ミラノ)

最優秀プレイメーカー(最優秀コーチ)

– ロベルト・デ・ゼルビ (ブライトン)

– Walid Regragui (モロッコ)

– ミケル・アルテタ (アーセナル)

– ルチアーノ・スパレッティ (ナポリ)

– Davide Nicola (Salernitana)

撮影賞(ベストマッチ)

– アルゼンチン対フランス 3-3 (7-5 ペン)

– マンチェスター・シティ 4-3 レアル・マドリード

– ローマボード/グリムト 4-0

– ナポリ対ユベントス 5-1

– スペイン対日本 1-2

最優秀脚本 (私たちに付属している最高の物語と短編小説)

– 司法ドラマ: ユーベとプリズマ事件

– 英雄の道:リオネル・メッシ世界チャンピオン

– おとぎ話のモロッコ

– レアル・マドリードと世界で最もクレイジーなチャンピオンズリーグ

– 敵は北から来る: ローマとボド/グリムトの不条理な対立

– 最年少の CR7 の苦しみ / アラビアのキリスト教徒

最優秀アニメーション映画 (21 歳未満の最優秀国際選手)

–ジュード・ベリンガム

– ジャマール・ムシアラ

-ガビ

– エドゥアルド・カマビンガ

– Jovsko Gvardiol

短編アニメーション賞 (21歳未満のセリエA部門)

-ロレンゾ・コロンボ

– ニコロ・ファジョーリ

ジョルジュ・スカルヴィーニ

– ラスムス・ホジランド

– ジョシュ・ドイグ

編集賞(ベストゴール)

– リシャルリソン (ブラジル-セルビア 2-0)

– テオ・ヘルナンデス (ミラン-アタランテ 2-0)

– Kylian Mbappé (アルゼンチン-フランス 3-3)

– マリオ・バロテッリ (アダナ・デミスポル – ゴズテペ 3-0)

– Erling Haaland (マンチェスター・シティ 2-1 ボルシア・ドルトムント)

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です