ブックマーク。 三島、伝統の名の下に血とインク

三島由紀夫

52 年前の 1970 年 11 月 25 日の正午過ぎ、日本の作家 三島由紀夫 東京の日本の防衛省のオフィスで切腹(儀式の自殺)をしました。

公然と宣言された理由は、彼の国の退廃と、アメリカの侵略者によって課された憲法第 9 条への反対でした。 、航空、およびその他の潜在的な軍事力」。 天皇の罷免、当時の日本文化の基盤であった天皇の神聖性の否定が含まれていました。 ブルジョアジーのランクに引き下げられた貴族の廃止。 米軍による占領と米軍基地の設置。 作家にとって、民主主義の押し付けは、退廃、服従、伝統の終焉、そして武士道と葉隠の精神の表現でした。

インクと血で、彼の行動で、彼の仕事で世界に示された反逆行為である自殺。 当日、三島は四部作『豊穣の海』の最終巻を出版社に手渡しており、3月に書き終えた最後の紙に「1970年11月25日」と手書きで署名するかのように書いていた。霊的な証。 楯の会の仲間4人と共に市ヶ谷(自衛隊の本拠地)の兵舎に入った後、椅子を持っている増田将軍の位置。 三島はバルコニーから兵舎中の何千人もの兵士に激怒し、これらの悲劇的な瞬間をテレビやカメラマンが撮影した. これが彼の最後の演説であり、天皇は日本の精神を高く評価し、1947 年憲法とサンフランシスコ条約 (軍の放棄と米国に対する防衛権の付与を定めた) に対する非難を表明した。 彼の最後の言葉は「日本を元の姿に戻すために死ななければならない!」 魂を死なせるほど大切な命を持つことは良いことでしょうか? 人生よりも高い価値を持たない軍隊はどのようなものですか? 私たちは今、生命への執着よりも優れた価値の存在を証明しようとしています. この価値は自由ではありません! これは民主主義ではありません! 日本です! 私たちが愛するのは歴史と伝統の国、日本です。」

スピーチは、兵士の叫び声と兵舎の上を旋回するヘリコプターの音によって部分的に中断されました。 結局、三島は戻って切腹した. 彼に同行した 4 人の若者の 1 人である彼の忠実な森田正勝夫は、作家の後ろに立って、儀式的な武士の自殺の慣行で必要とされているように、すぐに刀で彼を殴って頭を切り落としました。彼はマークを外し、肩に触れました。そして首を「意図」することができずに。 血が床に飛び散り、リーグオブシールドの別のメンバーである加賀正義が介入し、儀式を強打で締めくくった. 森田は、自分の不正確な仕草に感じた恥ずかしさを消すために、切腹を犯した.

三島は日本で最も偉大な作家であり、最も翻訳され、最も研究され、多くの大学で講義や講義を行うよう招待されました。 ノーベル文学賞に4回ノミネートされている。 24 歳で書かれた最初の小説は大成功を収めました: それは仮面の告白であり、三島は、グローバル化、大衆化、近代民主主義に反対する伝統的な理想の復活の象徴となりました。 彼の作品では、この世界のビジョンは、伝統と天皇への愛、日本人コミュニティの行動規範への忠実さ、優れたビジョン、その伝説、神話、儀式、シンボルの反映として現れます.

天皇という概念は、国家の政治的人物や最高の代表者を指すのではなく、日本の神聖な表現を指す. 45 年の生涯で、三島は 100 冊の本を書きましたが、彼の作品についての意見は矛盾しています。 イベントの翌日、日本の新聞は、とりわけ、作家を軽視する目的で、このジェスチャーを「狂気」と表現した日本の佐藤栄作首相の言葉を報じた. 中曽根国務長官は、過激派を寄せ付けないようにする必要性を強調した。そのような行動は、民主主義と憲法を危険にさらすからである。 発行部数100万部の「毎日新聞」は「狂気の行為」と指摘。 31音節の古典的な形式に従って構成された「世界の放棄の詩」は、武士が残した最後のメモでした. 三島の著書には「人の命は短いが、永遠に生きたい」と書かれていた。

批評家は一般的に、彼をエステティシャン、モンターラントのようなダンディ、退廃的な保守主義者、ナショナリストと定義しています。 伝統、神話、武士の倫理への固執は、三島が政治からの疎外に気づいた理由を明確に示しています。 彼は伝統的な世界観を求めて戦い、極端な行為で戦いを封じました。

しかし、三島の作品を理解するには、前述のように批評家が考慮に入れておらず、すべてを切腹、ボディケア、いわゆるナショナリズムに還元している彼の世界観を理解する必要があります。 詳細な分析はまれです。

三島の本名である平岡公武は、むしろ重要な文学的機能を果たし、より広義には文化的役割を果たしていました。伝統的な日本文化とヨーロッパ文化の両方の専門家であり、彼は東洋と西洋の間の一種の架け橋でした. 彼の小説や短編小説の登場人物の研究とプロットの構造は、ヨーロッパ文学の確かな知識の影響を受けています。 彼の文学が、彼の教師である川端康成や他の 20 世紀の作家の文学と比べて、多くの点で際立っていたことを示す混合物であり、厳格なヒエラルキー、伝統への言及、および戦士の精神。 古代と現代、伝統と新しさが混ざり合い、彼の作品に新しいものをもたらしました。 ローマの国際問題大学の政治学説の教授であるダニーロ・ブレスキは、三島に捧げられたこの本を出版しました.5つの章で、三島の詩学の特定の謎を、エピローグから終わりまで、逆さまに始めて整理し、解きほぐすことを試みています.始まり、プロローグに捧げられた第5章。

三島由紀夫、ダニーロ・ブレスキによるルニのための5幕の謎

序文で、著者は日本人作家への関心を宣言し、これは科学的方向性を使用しているが、同時に賛辞と娯楽の両方である研究であると説明しています. 要するに、スタイルの練習と読書への誘いの間で、何世代にもわたる若者の想像力と親密な感情を誘拐してきた三島の姿と著作にもかかわらず、「謎の旅」です。 このエッセイの目的は、三島の世界の詩学とビジョンの特定の側面に興味を持つことであり、西洋、特にアメリカで広まっている固定観念から作家を解放することです。神々に犠牲を捧げる敗戦した日本人、ダンヌンツィオやワイルドのようなダンディを模倣する同性愛者のイメージであるポップアイコンであるハラキリを作ります.

彼の文学作品は際限がなく (25 年間で 100 作品)、変幻自在であり、複数のテーマに取り組んでいるという理由だけで、ブレスキは主要なものだけを取り上げることを選択しました。 5 つの章で、彼はミシムのビジョンの最も特徴的な側面をレビューします。 まずは自殺のテーマ。 作家は自分の人生により深い意味を与える必要が生じたため、この章は「プロローグとして宣言するエピローグ」として提示されています。 要するに、アメリカの爆撃によって破壊された世界、原爆によって破壊された都市、アメリカナイゼーションとアメリカ政府によって課せられた指示に従って再定義された新しい日本を見た彼は、新しい始まりでした. 今や消滅し、国家の軍縮を規定したサンフランシスコ協定を復活させることができない立場に置かれた世界を思い出す方法、そして何よりも、裕仁天皇の神の家系から降りないという宣言. ギリシア人の哲学に触発され、ニーチェのように生命を受け入れる三島は、身体と思考の共生を生み出し、体育館のギリシャの彫像のような身体を構築すると同時に、彼の考えを洗練させました。精神への執着を表しています。 要するに、彼は鋼、剣によって与えられた教育を選び、自分自身に与えました。 運動、体育館。 執筆、作曲。 すでに述べたように、西洋の思想、ニーチェ、ギリシャの哲学者によって並行して養われた構造。 ブレスキは、緊張してうごめく筋肉を備えたきらめく体は、古代言語、いわゆる「死んだ」言語と同じくらい反近代的であると述べています。 彼は「貴族的で教養があり好戦的な人間の理想」を再提案した。 要するに、彼は「彼のやり方、武士のやり方、伝統のやり方が、執筆の儀式によって神話化されているので、いっそう昇華されている」ことを発見しました。マダム・ド・サド、ラ・メゾン・ド・ラ・キョウコ、若いサムライのためのスピリチュアル・レッスン、愛国心、マイ・フレンド・ヒトラーなどの本で。 西側から輸入された民主主義は、日本人の消費主義の熱狂と同じように、退廃的で腐敗したものでした。

死は、作家の作品と人生におけるもう 1 つの固定的な存在です。 この側面は、映画『ミシマ』(ジョージ・ルーカスとフランシス・フォード・コッポラがプロデュースし、フィリップ・グラスが音楽を担当)のポール・シュレイダー監督によって、また罪悪感、償還、孤独、償還への欲求についてよく説明されています。 死は、血、その匂い、その流れと密接に結びついており、ハラキリをシミュレートしたり、サンセバスティアーノのように木に縛られて自分自身を撮影したりしていました。 しかし、その後の作品の詩学では、四部作「豊穣の海」を締めくくる三島は、雪(純粋さの象徴)と海も表している.海は子供の成長のメタファーであるとブレスキは指摘する.成人期までの期間だけでなく、「夜明けと日没のように衝動的な人間の魂の比喩」でもあります。 三島の物語のこれらの側面では、自然とその顕現と調和していることが多い三島の内面の風景の統一を構成する要素が現れます。 三島は「自然の魅力」をよく表しています。

伝統とロマンチシズム、三島が揺れ動き、彼がスキャンダルを引き起こした2つのポイント. 彼の愛国心、ナショナリズム、皇帝への献身、唯物論、共産主義、自由主義への批判はスキャンダルを引き起こしました。 彼は主に、民主主義、消費者社会、単純で快適な生活を超えた価値観の緊急性を批判したことでスキャンダルを引き起こしました。 ブレスキ氏によると、「豊かな」生活を民主主義体制で行うのは難しいという。 したがって、人生は仕事、余暇、娯楽の産業になってしまいます。 自己実現を目指し、より高い価値観を肯定したい方に。

※三島由紀夫。 ダニロ・ブレスキによる5幕のエニグマ編。 月曜日、p。 256, 20.00 ユーロ

@barbadilloit

マンリオ・トリジャーニ

マンリオ・トリジャーニ

Barbadillo.it の Manlio Triggiani

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です