ブランドは、自律フィン技術の最新の開発を提示します

豊田研究所 (並べ替え) は、極端な状況で仮想の専門家が車の制御を行うことを可能にする自律型ドリフト技術に取り組んでいます。

日本の自動車メーカーは、特定の トヨタ GR スープラ とともに 自律ドリフト技術 2 月と過去数時間、彼は生産バージョンに非常に近いと思われるレクサス LC の新しいプロトタイプを披露しました。

ドライバーに問題が発生した場合、この技術は自律的に作動します。

リーダーによると、日本のブランドは、 人間中心のインテリジェント運転 制御はユーザーの手に委ねられますが、ドライバーに問題を引き起こす可能性のある状況が発生すると、自律的に制御されます。

の特定のプロトタイプの場合、 GRスープラ非線形予防制御技術を使用し、各ホイールに自律ブレーキ システム、コンピューター制御のステアリング システム、スロットル、クラッチ、シーケンシャル ギアボックスも備えています。

トヨタ GR スープラ 自律ドリフト

これにより、ソフトウェアは車両を完全に制御し、 20 秒ごとに新しい軌道. 現在のところ、 この技術は、非常に正確な GPS データに基づいています。 仕事。 しかし、豊田研究所は、この技術をより生産に適したものにするために取り組んでいます。

Autonomous Drift Technology の目的は、車両の制限を取り除くことです。 電子安定制御 そしての腹筋. 残念ながら、現時点では、この新技術が量産車に搭載される時期はまだわかりませんが、最新の開発状況を考えると、そう長くはかからない可能性があります。

トヨタ GR スープラ 自律ドリフト

Motorionline.com は、新しい Google ニュース サービスに選ばれました。当社のニュースを常に知りたい場合は、
ここで私たちに従ってください

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です