ブレシア、イースト フェスティバルが 2 月に戻ってきます: ニュースは次のとおりです – BsNews.it

ブレシアのイースタンフェスティバル、プレスオフィスからの写真

3年間の不在の後、フェスティバルは最終的に2月18日土曜日、19日日曜日、25日土曜日、26日日曜日のブリクシアフォーラムでブレシア市に戻り、ブレシアの一般向けにプレビューで発表された目新しさでいっぱいの二重の週末を過ごします。

一般の人々は、数十の伝統的なセラピーを無料で体験して交流することができます。また、ホリスティック セラピー、バイオナチュラル ディシプリン、ヨガ、アーユルヴェーダ、バッハ、レイキ、マッサージ、ci に特化したスペースを備えた健康と幸福に特化したセクターを訪れます。カン、太極拳、指圧、ハーブ、お茶、スパイスなど、健康、オーガニック、ウェルビーイングの世界を中心に展開するすべてのもの。

着物の着付け、和太鼓、茶道、僧侶の曼荼羅の制作、数十のショーや展示会など、数多くのアクティビティでオリエントの魔法に浸ることができるインタラクティブで魅力的な旅。それだけでもチケットの価値があるイベントのステージで継続的に開催され、世界中の素晴らしいアーティストの存在があります。

伝統的な東洋と、その伝統、民間伝承、魔法の知識に完全に専念する会議。

多くのスタンド、ワークショップ、会議があり、日本、中国、韓国、タイ、チベット、ベトナム、インドネシア、スリランカ、カンボジアなどを含む18カ国が出展し、調和と静けさに捧げられたショー.

このエディションの開催国は日本で、色、文化、民俗学、音、伝統、数十のアクティビティ、そして日出ずる国の歴史的再現に完全に専念する巨大なスペースがあります。 伝統に則った家屋を備えた日本人村の再現。 日本の鯉の池の再現。 日本から直接来た職人がいる工芸品店は、古来の農民の伝統を一般に紹介します。 寺院、雄牛の展示。 40人の浪人戦士の墓石展示。 餅の準備、おいしいお菓子、お茶会、着物の着付け、ヨチコによる絵画ワークショップ。 折り紙ワークショップ、墨絵ワークショップ、書道、その他多くの革新的なワークショップやワークショップが公開されています。

そして、歌から踊り、太鼓のコンサートから一連の感情のための伝統的な儀式まで、数十のショーを備えたエンターテインメント部門全体. また、日本古来の芸術の実験とテストに特化した畳スペースや、甘いもの好きの方には、レストランやストリート フードの典型的なケータリング、寿司、ラーメン、その他多くの珍味を発見するための、格闘技を見逃すことはできません。

そして最後に、12 の典型的なレストランを備えた本物の伝統的な美食と、このエディションのブレシアの本質的な目新しさ、日本、タイ、ベトナム、中国、香港、韓国、スリランカ、インド、チベット、モロッコ、インドネシア 東洋の国々を発見するための感情と味に満ちた旅にあなたを連れて行く大規模なシェフのグループ。 海外(インド、中国、日本、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、モンゴル、ネパール、韓国、カンボジア)で、民俗学、趣味、文化の間で一夜を過ごすようなものです…

チケットは次の場所で前売りされています。 https://www.festivaldelloriente.it/brescia/


>>> ここをクリックして、ブレシアとその州からの最も重要なニュースを携帯電話で直接受け取り、サービス情報 (事故、健康警報、交通情報、その他の有用な情報) をテレグラムチャンネルに登録してください <<

>>> ここをクリックして、ニュースレターを購読してください。毎日、午前 4 時から、ブレシアとその州に関する最新ニュースを電子メールで送信します <<

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です