プレイステーション プラス 2022

2022 年は PlayStation Plus にとって変革の年であり、エクストラ ティアとプレミアム ティアが導入され、サブスクライバー向けの大量のゲームが登場しました。

プレイステーション プラス 2022 今年は変化と変革の年でした: ストリーミング プラットフォームの PlayStation Now の数字が離陸せず、PS5 と PS4 のコンテンツが満載のカタログで Xbox Game Pass と同じ土俵で競争したいという欲求に追いつかれたことに気づきました。所有者、ソニーはすべてのサービスを統合し、3 つの異なるサブスクリプション層を作成することを決定しました。

もちろん、過去 12 か月のストーリーを語ったのはトレーディング戦略ではなく、基本的なユーザーが毎月利用できるゲームから、新しいレベルでラインアップを埋めて命を吹き込んだゲームまで、ゲームでした。プレイステーション限定製品とサードパーティ製品の並外れた組み合わせによる、疑いの余地のない価値のあるプレイし放題のプラットフォームです。

3 つのサブスクリプション レベル


PlayStation Plus、3 つのサブスクリプション レベル
PlayStation Plus、3 つのサブスクリプション レベル

新しいPlayStation Plusは、昨年6月にイタリアでデビューし、前述のように導入されました 3 つの異なるサブスクリプション レベル: エッセンシャル (月額 8.99 ユーロ)、従来の PS Plus に相当します。 エクストラ (月額 13.99 ユーロ): これらの利点に、PS5 および PS4 ゲームの豊富なカタログが追加されます。 最後にプレミアム (月額 16.99 ユーロ) では、最初の 2 つのレベルのコンテンツに加えて、従来の PlayStation、拡張デモ、ストリーミングでのプレイの可能性も期待できます。

ローンチと同時に、新しい PlayStation Plus サブスクリプションを試してみたところ、期待どおりの結果が得られました。 非常にコンテンツが豊富なプラットフォーム特に新規ユーザーにとっては、膨大な数の Sony 限定コンテンツや多数の高品質のサードパーティ タイトルにアクセスできるため、非常に価値があります。

エッセンシャルの 12 か月


God of War は、2022 年の PlayStation Plus Essential カタログの主力ゲームの 1 つでした
God of War は、2022 年の PlayStation Plus Essential カタログの主力ゲームの 1 つでした

新しいPlayStation Plusの発表は3月末に行われ、ExtraとPremium層は6月にデビューしましたが、Sonyサービスの2022年の最初の6か月は待っていませんでした. この場合も、日本家屋 ゲームで話しましょう: 1 月には DIRT 5 や Persona 5 Strikers、3 月には Ghostrunner や Ghost of Tsushima の Legends 拡張、5 月には FIFA 22、6 月には God of War などのタイトルがリリースされました。

3 つのサブスクリプション層の導入後、Essential プランは引き続き提供されました。 毎月の貴重なコンテンツ 今年の残りの期間: クラッシュ バンディクー 4: It’s About Time to Yakuza: Like a Dragon、Need for Speed Heat から Hot Wheels Unleashed、Nioh 2 から Mass Effect Legendary Edition まで。 確かに、他の月よりも良い月がいくつかありましたが、ソニーがユーザーをエクストラおよびプレミアム層に押し上げるためにボートからオールを引き離すと思った人は間違っていました.

エクストラおよびプレミアム カタログの新製品


Horizo​​ n Zero Dawnは、PlayStation Plus Extraカタログの最も目に見えるコンテンツの1つです
Horizo​​ n Zero Dawnは、PlayStation Plus Extraカタログの最も目に見えるコンテンツの1つです

初期の PlayStation Plus Extra と Premium は明らかに、ゲームのリストを提供することで注目を集めようとしました。 非常に豊かで興味深いAssassin’s Creed Valhalla、Bloodborne、Concrete Genie、Control、Days Gone、Death Stranding、Demon’s Souls、Detroit: Become Human、DOOM、For Honor、Ghost of Tsushima、God of War、Hollow Knight、Horizo​​n Zero Dawn などの名前が含まれています。

そして今でも悪名高い: Second Son、Killzone: Shadow Fall、Marvel’s Guardians of the Galaxy、Marvel’s Spider-Man、Marvel’s Spider-Man: Miles Morales、Nioh、Prey、Returnal、Shadow of the Colossus、Shenmue 3、The Last Guardian、Theディビジョン、Uncharted 4: A Thief’s End、Vampyr、Watch Dogs、Wolfenstein: The New Order、Zombie Army 4: Dead War。 要するに、 PS5 と PS4 向けの膨大な量のタイトルそれだけで数千時間のエンターテイメントを保証できます。

しかし、入出力を備えたクラシックなシステムを採用することで、ソニーはこの初期構成に満足せず、 毎月新しいコンテンツを紹介 他のものを除外することで、カタログが常に異なって見えるために必要なダイナミズムを保証し、できるだけ多くの新しい購読者を引き付けることができます. このアプローチに従って、過去 6 か月は本当に目覚ましいものでした。

実際、Stray、Marvel’s Avengers、さまざまな Assassin’s Creed のエピソード、および Final Fantasy VII Remake Intergrade が 7 月に到着し、8 月には Yakuza、Metro Exodus、および Ghost Recon Wildlands のいくつかの章が開始されました. Deathloop、Watch Dogs 2、Assassin’s Creed Origins が 9 月に配信され、10 月には The Medium と、Assassin’s Creed と Dragon Quest の他のエピソードが配信されました。


Returnal、PlayStation Plus Extras カタログの PS5 ゲームの 1 つ
Returnal、PlayStation Plus Extras カタログの PS5 ゲームの 1 つ

したがって、2022 年は The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition の登場、11 月の Kingdom Hearts、The Division 2、Ghost Recon Breakpoint のさまざまなエピソード、WWW 2K22、Far Cry、Judgement、Yakuza : Like a のさまざまなエピソードの登場で締めくくられました。ドラゴン、ヤクザ 6: 生命の歌、12 月に中つ国とモータル シェルの 2 つの章。

そんな中、カタログは プレイステーション クラシックス 最初の期待を少し下回っていますが、成長を続けています。最初のソニーコンソールの時代に属するタイトルの大規模なおもちゃライブラリをすぐに持つという約束は無視されましたが、間違いなく回復する時が来ました.

数字で見るPlayStation Plus


PlayStation Plus、Statistaが作成したグラフの年間加入者数
PlayStation Plus、Statistaが作成したグラフの年間加入者数

PlayStation Plus と PlayStation Now を 1 つのサービスに統合し、PS5 と PS4 のゲームの膨大なカタログと、PlayStation のクラシック ゲームのまともな提供をミックスに追加するというアイデアは、明らかに 加入者の増加 これまでのところ、5,000 万人のユーザーのしきい値を超えることにまだ成功していません。

驚くべきことに、ソニーが望んでいた革命 これまでのところ、期待した結果は得られていません: PlayStation Plus の加入者数は 2021 年 12 月にピークを迎え、4,800 万人を記録しましたが、その後徐々に減少し、2022 年 3 月には 4,740 万人、6 月には 4,730 万人、9 月には 4,540 万人になりました。 12 月の数字がわかるのを待っている間、現時点でサービスが 新規ユーザーを獲得できなかった.

今後の展望


ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長
ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長

2023年以降、状況はどのように変化しますか? 5,000 万人のサブスクライバーを超えるには、ソニーは PlayStation Plus Extra カタログの初日に PlayStation 限定版を発売するという信念を再考する必要があると感じていますが、それは 非常に危険な戦略 ファーストパーティのゲームが引き続き非常に売れ行きが良く、会社の収益に大きく貢献していることを考えると.

サブスクライバーに「提供」することは、おそらくデビューから数か月後であっても、マイクロソフトの精神を完全に受け入れることになりますが、多くの点で、 帰らぬ道. ただし、この種の考察を行うのはまだ時期尚早です。状況がどのように変化し、PlayStation Plus サブスクリプションをさらに面白くするためにどのような選択が行われるかを見ていきます。

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です