プーチン、原爆、歴史の歪んだ利用

[1945年に日本で米国が核兵器を使用したことは、2022年にウクライナで核兵器を使用するというロシアの脅迫を正当化するのだろうか?プーチン大統領の演説とカディロフ大統領の要求は歴史を操作しているが、それはまず、攻撃された米国が戦争を終わらせるためにそれらを開始したためであり、一方、攻撃的なロシアは戦争を再開したいと考えているもしロシアがまだ2000の核戦術を持っているなら、それはアメリカの10倍であるが、誰が核エネルギーを使って全世界を威嚇するのだろうか?ルイス大学の米国史と政治の教授であるグレゴリー・アレギは、それについて話しました

「米国は、広島と長崎の日本の都市を破壊し、核兵器を2回使用した世界で唯一の国です。 とりわけ、彼らは前例を作った。」 この言葉で ウラジミール・プーティン それはロシアの核兵器の使用を凌駕した。 「そして目的はただ一つ、日本への原爆投下の場合のように、わが国と全世界を威嚇することでした。」

声明は、チェチェンの国家元首によってすぐに強化されました ラズマン・カディロフ、緊張を高め、2月24日に開始された「特別軍事作戦」のエスカレーションのリスクに関する終わりのない議論を煽った. 本当の可能性、結果(軍事的、環境的、政治的)、そして起こりうる西側の対応について、インクの川が流れてきましたが、それらを繰り返す必要はありません。 一方で、ウクライナの4つの州の併合の演説に挿入され、メディアや「独立した」アナリストによってすぐに取り上げられたこれらの言葉の意味が、どの程度現実を反映しているのか疑問に思った人は誰もいなかったようです. 答えは: 少しです。

強制と操作

最初の強制は、1945 年 8 月から 2022 年 10 月までの並行性に関するものです。第二次世界大戦では、米国が攻撃され、日本が侵略者となりました。 ウクライナでは、ロシアが侵略者です。 国際法では防御は常に正当であり、攻撃はめったに正当化されないため、この違いは無視できません。 そしてアメリカは戦争を終わらせ、ロシアは戦争を再開しようとしました。

2 番目の操作は、アトムを使用する決定のコンテキストをキャンセルすることです。 1945 年 2 月から 3 月にかけて行われた硫黄島の征服により、米国は 23,000 人以上の死者と負傷者を出しました。 小さな火山島をめぐる激しい戦闘に直面し、日本に侵略された場合、私たちは何を期待できるでしょうか? もちろん、アメリカ人の間だけで、268,000人から100万人の犠牲者がいると見積もられています。 日本側では、硫黄島の 21,000 人の擁護者のうち、捕虜になったのは 216 人だけでした (韓国の強制労働者を含む)。 東京を守るために何人の日本人が死亡したかはわかりませんが、2回の原爆攻撃による即時および放射線による290,000人以上の犠牲者を確実に上回っています. 特にドイツの敗北がすでに勝利した戦争の雰囲気を引き起こした後、民主主義にとって持続不可能なこれらの数字に直面して、 ハリー・S・トルーマン 彼は原爆の使用を決定し、4 年前にルーズベルトに開発を懇願した一部の科学者からの遅ればせながらの反対を克服しました。

3 番目の歪みは非常に示唆的です。 1945 年 8 月 8 日、ヒロシマの 2 日後、ソ連は日本に宣戦布告しました。 同盟国は繰り返し求めていた スターリン 日本の背後で攻撃し、中国への圧力を緩和することもできます。 ヤルタでは、1945 年 2 月、対日介入と引き換えに、 フランクリン・D・ルーズベルト 彼は、極東におけるソ連の主張を認めることを約束した。 4月、ソ連は日本に不可侵条約を更新しないことを通知したが、予定された12ヶ月間はそれを遵守することを保証した. 8月のマラマルド攻撃により、ソ連は日本の勝者としての地位を確立することができました.ソ連は、新しい戦争の基礎を築いた朝鮮への上陸を含め、そこからもたらされたすべての政治的および領土的利点を備えていました.

4 番目の意味は最も微妙です。 プーチン大統領は、アメリカの爆弾による威嚇がなければ、ソ連は東ヨーロッパをはるかに越えてその支配を拡大できたであろうと示唆している。 ウクライナとバルト諸国での戦後の抵抗、1953 年の東ドイツ蜂起、1956 年のハンガリー革命、1968 年のプラハの春、1980 年のグダニスク ストライキ、1989 年の東ドイツからの逃亡が示唆していることは気にしないでください。ロシアとソビエトの存在は常に容認されませんでした。 プーチンにとって、他の独裁政権と同様に、成功への障害は無力または悪い政策の結果ではなく、常に外国のエージェントまたは武器の結果です.

プーチンは核戦争の亡霊を呼び起こす

死傷者を制限するという米国の目標を取り除き、ソ連が米国の核兵器から直接的な利益を得たことを省略することによって、プーチンは再び歴史を操作して、ロシアを強欲な西側諸国の犠牲者として、少なくとも暗黙のうちに攻撃を受けている国として描いた。 . 注意。 ストックホルム症候群に悩まされ、侵略者の側に立つ人々が常にいるのと同じように、歴史の政治的利用は世界中で新しいことではありません. しかし、だからといって、悪い選択を支持するために歴史を利用することは、もはや受け入れられません。プーチンの場合、核の脅威を伴う大規模な従来型作戦を実施することができずに弱体化している政権を強化するためです。

核戦争の幽霊を呼び起こすロシアの軽薄さは、悲しい最終的な考察につながります。 冷戦中、米国とソ連の政治指導者は核兵器文化を強く持っていたので、仕事を得たいという時折の無謀な野望に抵抗することができました。 これらのうち、将軍の ダグラス・マッカーサー 朝鮮戦争中(1950年)の中国に対する フィデル・カストロ キューバ危機の真っ只中(1962年)。 半世紀以上経った今、核兵器の実際的な有用性に対する認識は、「戦術的」、つまり小電力であっても、今や西側だけに属しているようです. ロシアの戦術核兵器がまだ約 2000 発の弾頭を保有しているのに対し、米国はずっと前にそれを 200 発に削減したことは、おそらく驚くべきことではありません。どちらが核の脅威の起源であるかを評価する際には、これも考慮に入れるべきです。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です