ポルトからポルトへ、勝利 連帯が再び勝利 – スポーツ

男子と女子のスイマー (オーストリアと日本の一部を含む) を含む約 60 人のアスリートが、正当な目的のために再び参加しました。 そして、収集された金額が数日中に公式に発表されるとしても、「ポルトからポルトへ – アルジェンタリオ周辺」の第 5 版はすでに成功したと言えます。 グロッセート地域の Polisportiva Amatori Prato によって 4 年間開催され、ロレンツォ マサイ (写真) のアイデアから生まれたチャリティー イベントは、カウンシル パップ アンド アットに登録され、昨日の朝に開催されました。

参加者は、同行するボートの「Amici del Guzzo」協会の支援を受けて、午前 6 時 30 分にポルト エルコレを出発し、ポルト サント ステファノに上陸しました。 「シングルライダー」の中で、最初に完走したのはブルーノ・オリツィオで、スタートから5時間41分。 彼の後ろには、アンドレア・アルマーニ、ロベルト・チッキーニ、ステファノ・プレナリオが到着し、海に出た「リレーランナー」の中には、元サイクリストのマリオとのイベントで常に並外れた証言をしてきたプラート・パメラ・ヴィロレージの女優もいました。チポリーニ。

しかし、いつものように、連帯が勝ちました: 今年も製品 (開始前でさえ 30,000 ユーロに達し、イベントのウェブサイト daportoaporto.it で T シャツやガジェットを購入することによって行われる寄付に使用されます)トスカーナ対がん協会に寄付されます。 特に、がん患者とその家族を支援する活動に資金を提供するために使用され、パンデミックにより過去2年間で指数関数的に増加したニーズに対応します。

「この間ずっと、私たちはスポーツとチャリティーを常に高いレベルで結びつけたいイベントの質のレベルを維持するために最善を尽くしてきました – マサイはコメントしました – 私たちはこのエディションがどのように進んだかに本当に満足しています.アルジェンタリオのコミュニティやそれ以降の関心と関与は、いつものようにポジティブなものでした. そして、今後数週間で、2023年のイベントに向けて準備を開始します.

ジョバンニ・フィオレンティーノ

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。