マイオリとミノリの間のアマルフィ海岸のレンズート:これが全国水球選手です

ヴィンチェンツォ・レンズート・ヨーディツェ 今朝、彼は通りすがりのアマルフィ海岸を訪れました マイオリ未成年者、 彼はビーチで数時間の家族のリラクゼーションにふける. レンズートはその目玉です 彼はブレシアの水球チームでプレーしています、彼が育ったPosillipoとPro Reccoでの過去があります。 彼は水球の偉大な伝統が常に存在するナポリで育ったため、ライブでいくつかの試合を観戦し、このスポーツを知り、愛するようになりました。 彼はPosillipoでデビューし、それで彼は征服しました 2015 年のレンのヨーロピアン カップその後、彼はドゥブロブニク(クロアチア選手権で最初のイタリア人)でプレーし、優勝することで海外での経験を積んだ後、 ブレシアでのプロレッコ. コミュニケーション科学の卒業生である彼は、2019 年に世界の金メダルを獲得し、グループの強さが世界の最も重要な武器であると特定しました。 セッテベロ、 その後、成功はそれ自体の価値に気づき、チーム全体が打ち負かすと見なされるようになります. 日本に行くことで、彼は誰にも恐れずにプレーしたいという願望と、各試合でうまくやろうとする人々の集中力を彼にもたらします. 彼の記録は伸びた JUGプロジェクトに参加する前は、2015年にLEN Euro CUPに参加しました。 ドゥブロヴニクで、彼はスクデットとナショナル カップを獲得しました。 わずか 1 シーズン後、彼はイタリアに戻り、プロ レッコで 2018 年から 2020 年までプレーし、スクデットとイタリアン カップを獲得しました。 セッテベッロで光州の世界チャンピオン。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。