マイクロソフトが独占の告発に対応

ブラジルで行われている Call of Duty をめぐるソニーとマイクロソフトの衝突を背景に、ニュージーランドの反トラスト機関は、レドモンド家による Activision Blizzard の買収の独占のリスクも評価しています。

Activision Blizzard との結婚の承認を担当するニュージーランド委員会の前で、Microsoft の代表者は次のように主張しました。 「大部分のビデオ ゲームは、ソニー、任天堂、EA、Take-Two など、Activision Blizzard 以外の会社によって開発および制作されています。特に、Activision Blizzard のビデオ ゲームを見ると、 ユニークなものは何もありません 当社が開発・制作したタイトルにおいて、 ありません 「なくてはならない」または不可欠なゲーム PC およびコンソールでの競合するディストリビューター (つまり、ロックの問題を引き起こす可能性のあるタイトル) の場合”.

Activision Blizzard のタイトルの「独自性の欠如」に関する Microsoft の驚くべき、ある意味では無礼でさえある声明は、文脈を踏まえて読む必要があります。実際、これらの声明により、レドモンド家は反トラスト機関のニュージーランド人に Activision のビデオ ゲームを検討するよう促しています。無限の競争体験を生み出す業界の単純な娯楽製品として。

一方、Activision ゲームの「独自性の欠如と譲渡不可能性」のテーゼは、日本のテクノロジー大手によると、将来的に作成される可能性がある FPS の独占に対するソニーの主張に対する Microsoft の対応でも取り上げられています。 . の変換 Xbox限定のCall of Duty.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です