マジンガZやグレンダイザーなどのマンガを描いた漫画家・太田吾作さんが死去

永井豪氏のコラボレーターであり、マジンガZやグレンダイザーなどの漫画家でもあるデザイナーの太田剛作氏が、新型コロナウイルスの合併症で亡くなった。

日本の最も有名なアニメーションスタジオの1つであるスタジオぬえの共同創設者である高千穂遥がTwitterに書いたように、漫画家でイラストレーターの太田剛作は12月12日にCovidに関連する合併症で亡くなりました。 「本日、追悼はがきを受け取りました。12月12日に太田剛作が新型コロナウイルス感染症により亡くなりました。言葉を失っています。ご冥福をお祈りします」 彼は長いキャリアの中で、日本と世界の漫画の父の一人である永井豪と協力し、マジンガZやグレンダイザーなどのさまざまな漫画をデザインしました.

太田剛作さんがCovid-19で74歳で亡くなった 家族によると、彼は回復期の直前に病気になり、漫画家にとって致命的な肺炎を引き起こした. 日本語サイト スポニチ さんが書きました: 太田は11月末にCovidに感染し、数日後に病院に運ばれた。 容態は安定したかに見えたが、肺炎が襲い、逃げ場がなくなった。

1948年生まれ、石ノ森章太郎のアシスタントとして働き始める。漫画・アニメの父であり、サイボーグ009や仮面ライダーなどの作者であり、1969年に少女漫画『彼氏ヤイ!』で独立、デビュー。 彼の名前は、マジンガZ(マジンガーZ)とグレートマジンガー(グレートマジンガー)、グレンダイザー(UFOロボグランダイザー)、フメットロジカとしてゲッターロボなど、さまざまな漫画で彼と協力した日本の漫画の父である永井豪の名前にリンクされています。思い出し、1981 年に発行された釣りに特化した 10 巻のスポーツ漫画、釣りバカ大将にも取り組んでいます。 釣りは彼の最大の情熱の 1 つであり、漫画家としての彼の仕事の一部になりました。 グロイザーXのアニメの原作者でもあり、マッハSOSの漫画を描いた。

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です