マツダ CX-60 が月額 399 ユーロで、コンビニエンス パックとサウンド パックが含まれています

終えた マツダアドバンテージファイナンシング2022 年 9 月 30 日までプロモーションで購入できます マツダ CX-60専用ライントリム そして含まれている 快適さとサウンドパック の割引価格で €51,900 54,550 ユーロの代わりに。

このオファーには、特に 14,450 ユーロの前払いが含まれます。 398.51 ユーロの 36 か月の支払い 最終的な支払いは 29,457 ユーロ (保証された将来価値) です。 クレジット総額は 39,153.21 ユーロ、消費者が支払うべき総額は 44,073.74 ユーロ、固定 TAN は 3.99%、APR は 4.76%、利子は 4251.16 ユーロ、準備費用は 399 ユーロ、徴収額は 4.50 ユーロ、 1 ユーロの契約確認書の作成と送付、1 ユーロの定期的な年次通信、および 98.89 ユーロの交換手数料。 これらの最後の要素は、クレジットの合計金額に含まれます。

インテリア マツダ CX-60 専用ライン

マツダ CX-60: 新しい SUV は 9 月に発売されます

プロモーションには、 年間走行距離最大20,000km. 走行距離を超えた場合は、走行距離が 1 km 増えるごとに 0.10 ユーロを支払う必要があります。 なお、貸付には事務局の承認が必要です。 サンタンデール消費者銀行 参加しているマツダ販売店でのみ入手できます。 さらに、このオファーには、承認クラスが 5 ユーロ未満の車両が廃棄された場合の国家援助として 4,000 ユーロが含まれています。

エクスクルーシブ マツダ CX-60 シリーズ で提供されます 3.3リッター e-Skyactiv D 直列6気筒ディーゼルエンジン 3600 rpm で 200 hp のパワーと 1400 rpm で 450 Nm の最大トルクを発生できるマイルド ハイブリッド テクノロジーを備えています。 次に、8速オートマチックトランスミッションと後輪駆動があります。

日本の自動車メーカーは、SUV が 0 から 100 km/h まで加速するのに 8.4 秒かかり、最高速度は 212 km/h に達すると主張しています。 複合燃料消費量は 4.9 リッター/100 km で、CO2 排出量は 129 g/km です。

マツダCX-60専用ラインのプロモーション

エクスクルーシブ ライン トリム レベルが提供する完全な標準装備

L’専用ライントリム 4 つの標準 USB Type-C ポート (フロントに 2 つ、リアに 2 つ)、リアエアベント、クルーズコントロール、湿度センサー付きデュアルゾーン自動気候制御、フロントパーキングセンサーとリア、MyMazda アプリを介したコネクテッドサービス、電動パワーステアリングを備えています。リバース カメラ、20 インチ アロイ ホイール、LED ヘッドライトとテールライト、クローム フレーム付きグロス ブラックのグリル、グロス ブラックのルーフ バー、システム タイヤ空気圧監視システム、自動ハイビーム コントロール システム、リア ウィンドウ ワイパー、フロントおよびリアの電動ウィンドウ、フロントアームレスト、ヘッドアップ ディスプレイ、LED アンビエント ライティング、外部温度インジケーター、クローム エレメント、ソフトタッチおよびレザーレット仕上げのキャビン、ブラック クロスのインテリア シート、高さ調節可能および 8 方向に手動で調節可能な運転席、40 20/40 スプリットリヤベンチシート、12.3型デジタルインパネオース、多機能で調整可能なレザー ステアリング ホイール、ABS、さまざまなエアバッグ、侵入防止センサー付き盗難防止アラーム、リア ヘッド レスト、セントラル ロック、エレクトロニック スタビリティ コントロール、トラクション コントロール、プリテンショナー付きシートベルト。

ヒルスタートアシストシステム、車両下り坂アシストシステム、E-Call緊急通報システム、交差点付近の緊急ブレーキシステム、車線維持システム、道路標識認識、ドライバー疲労検知器、スマートキー、インテリジェント自動高速道路ブレーキシステム、運転に事欠きません。モード セレクター、Apple CarPlay および Android Auto のサポート、Bluetooth 接続、DAB ラジオ、12.3 インチの中央タッチスクリーン、統合されたサテライト ナビゲーション システム、ヒーター付きドア ミラー、電動および自動折りたたみ式および調整可能、ボディ同色カバー付き、ライトおよびレイン センサー、ブラインドスポットモニタリングシステム、駐車場出庫時の危険検知システム、昼夜を問わず街中で歩行者を認識してスマートにブレーキング、電熱式ウインドスクリーン、電熱式ステアリングホイール、前席シートヒーター対応するスマートフォン用のワイヤレス充電器、12個のスピーカーを備えたBoseオーディオシステム、ハンズフリーで開閉できる電動テールゲート、着色されたリアウィンドウ、150W電源コンセント、フロントおよびリアシーリングライト、中央トンネルインテリア照明を含む、電気時代とコンビニエンス&サウンドパックフロントフットウェルと360°カメラシステム。

マツダCX-60専用ラインのプロモーション

私たちの通知をブロックしたようです!

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。