マツダ MX-5、平和の車 – オーバースピード

山本信宏 集会の偉大な主役の一人だった マツダ につながった MX-5 の記録を達成する ギネス世界記録. この日本人エンジニアは、プログラム マネージャーとしての役割のおかげで、全世代の自動車の開発に多大な貢献をしました。 しかし、それだけではありません。 素晴らしいユーモア、ブリティッシュ スタイル、そして謙虚さをもって、彼はロードスターへの情熱をファンやジャーナリストに語り、常に小さな個人的な真珠を与えました。 FormulaPassion.it 彼は、インクの川(アナログとデジタル)がすでに書かれている自動車技術についてはあまり話しませんでしたが、それを中心に展開する多くの感情について話しました。

ここで山本は目覚ましい高みに達し、 平和の概念と広島に投下された原爆を想起する、第二次世界大戦の終わりに。 以前、MX-5 に乗ることを馬に乗ることと比較したときに彼が使用したフレーズを思い出しました。 厳しさを増す公害防止規制を考えると、車が失いかねない自然との関係. “地球は私たちの故郷であり、地球にやさしい車を作り続けなければなりません。 しかし、私は1つのことを追加したい: 広島でコンバーチブルを作るのは理にかなっている. 3代目MX-5がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した際、社長は「国産コンバーチブルでの受賞は初めて」と語った。 平和な街で作られた車なので、私たちにとって非常に重要なイベントでした。 そのような車は、空気がきれいである場合にのみ運転できます。したがって、汚染がない場合にのみ運転できます。 そして戦争がなければ. 広島は原爆の犠牲者でしたが、復興と誕生は、すべての市民と企業の献身と努力のおかげで行われました。 マツダは多くの貢献をしてきました、そしてその成功は平和への願望によるものでもあります“。

山本氏は、マツダが客観的に良い仕事をしたからというだけでなく、車を運転するときは微笑んでいることを思い出しました。 まさにクルマとの一体感の愉しみ。 ラリーの参加者も語った感想。 そこで私たちは彼に尋ねました これらすべての人々を見るのはどのようなものでしたか、モデナにいるために何日も旅行する準備ができており、車で他の瞬間を生きるために犠牲を払う準備ができています. “車が好きな人たちを見ていると、とても気持ちがいいです。 了承. 同時に、マツダを代表して、この情熱を裏切らないという強い意志を感じます。 したがって、私たちはこの方向に取り組み続けなければなりません。 今後、エンジンや技術面でどのように進化していくのか見ていきますが、 どちらを選んでも素晴らしい車に違いない“。

MX-5に乗っている山本が個人的に感じていることを理解することだけが残っています:”マツダNDに乗っています。運転しているときはいつもとてもリラックスしています。 飽きない、いつまでも乗り続ける. スポーティーな走りを求めるのではなく、このクルマの持つ静けさを求めている“。


PF | サミュエル・プロシン


全著作権所有




Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。