マツダ2 e-Skyactiv-G、欲しい人は100%マツダ

厳しさを増す公害防止規制、逃れることのできない規模の経済:これらがマツダのような企業を駆り立てている主な理由の 2 つです。企業レベルでも独立し、ブランドを変更するだけで、範囲内の別のメーカーの車に対応できます。 そのため、日本家屋のリストを閲覧すると、マツダ 2 が 1 つではなく 2 つ見つかることがあります。 1.5 e-Skyactiv-G M-Hybrid は、このテストで「真」です。 もう一方のマツダ 2 ハイブリッドは、「侵入者」、または改名されたトヨタ ヤリスです。.
それは車の歴史の中で新しいものではなく、驚くべきことでもありません. 何よりも、基本的な点から注意をそらしてはなりません。ヤリスは、効率性、安全性、運転の楽しさ、テクノロジーの点でセグメントのトップに位置するモデルです (そしてそれだけではありません)。 翻訳:何も問題ありません。 ただ、マツダらしいのはこのイベントの「2」だけであることは否めませんが、今回はそのコースについてお伝えします。

どんなハイブリッドですか

明らかな美的違いを超えて、マツダの 2 つの B セグメント車の間で最大の溝を掘るのはメカニックです。 マツダ 2 1.5 e-Skyactiv-G M-Hybrid のボンネットの下 高圧縮比 (15:1) の斜め渦燃焼を採用した 1,500cc ガソリン エンジン。 マツダによれば、以前に比べて燃料消費量が 6.8% 削減され、排出ガスが 9 ~ 12% 削減されています。. 2 つの出力レベル: 75 HP と 90 HP。 マイルド ハイブリッドの電気部分 (より強力なバージョン用に確保されたソリューション) は、電気モーター (トリガー段階で発電機およびオルタネーター/スターターとしても機能) とスーパーキャパシタで構成されています。マツダ 2 e-Skyactiv-G レビュー - 3/4 リア
つまり、今日の最も一般的なマイルド ハイブリッド システム (たとえば、新しいフィアット 500 やパンダ ハイブリッドのシステム、またはスズキ イグニスのシステム) の小型バッテリーでさえないことを意味します。 マツダのスーパーキャパシタのエネルギー貯蔵容量は 0.012 kWh であるのに対し、フィアットのシステムは 0.13、スズキのシステムは 0.37 kWh です。 それでも、ハイブリッドとしての承認を得るにはそれで十分であり、それに付随するすべての利点がありました. 言わなければならないメリットは、ミラノで終わりに近づいています。 実際、ロンバルディア州の州都では、ゾーン C に自由にアクセスするには、ハイブリッド車としてのホモロゲーションを取得するだけでは十分ではありません。 2022 年 10 月 1 日以降、CO2 排出量は 100 g/km (Mazda 2 1.5 e-Skyactiv-G M-Hybrid では 107) 未満でなければなりません。

吸引のメリットとデメリット

したがって、このマツダ 2 のエンジンは滑らかです。 私は認めます:直接比較がない場合、ブースト段階でこのような小さな電気部品の貢献を確立することは難しくなく、実際には不可能です。 ただし、1 つ確かなことは、特に非常に長いギア比のおかげで、低中速回転域でのブリオはこの車の特徴の 1 つではありません。 実際、高速道路では、(約 110 km/h の速度から) 追い越すために 4 速ギアにダウンシフトする必要があることがよくあります。 低回転でもそれほど良くはありません。追い越す必要がある場合は、タコメーターの針を少なくとも 4,000 rpm のゾーンに入れるために、決定的なダウンシフトを無視することはできません。

一方、このタイプの車を購入する人が必ずしもこれを求めているとは限りませんが、日本の 4 気筒エンジンは 4,000 rpm を超えると非常に活発になります。 確かに、長いギアは熱意を弱めるのに大いに役立ちますが、 このしきい値を超えると、進行がより急速になり、「説得力のある」ものになることがはっきりとわかります。 これは、ギアボックスの前述の品質と相まって、笑顔をなくします。 はい、たとえあなたがあまり速く走っていなくても。

快適さと運転の楽しさ

すべてのように マツダ設定の全体的な柔らかさは、ターン間の正確さと方向転換における平均以上の敏捷性によって相殺されるため、「2」の驚きです。 特定のケースでは、1,110kgの重量と低重心が助けになりますが、それは「それだけ」ではありません。調整とステアリングの問題でもあり、超高速ではありませんが、少しのステアリングで満足しています.ホイールの角度と、ホイールの下で何が起こっているかをうまく伝えます。 ギアボックスの真の喜び: 6 速マニュアルのレバーは、乱用された場合でも正確でドライなエンゲージメントを提供します。 残念ながら、公害防止規制に準拠するためのレポートは非​​常に長いです。 マツダ 2 e-Skyactiv-G レビュー

高速道路で十分に保護されています

高速道路で特に目立つことの 1 つは、ここでは 6 速ギアがほとんど使用できないことです。わずかな勾配や小さな向かい風で、時速 130 km から速度が低下し始めるからです。 あなたは5番目に上がることを余儀なくされています。 高速道路では、タイヤノイズも細流です。 とはいえ、快適さのレベルはまだ十分ではありませんが、 ドライバー アシスタンス システム – アダプティブ クルーズ コントロールとアクティブな車線維持 – は、優れた安全感覚を植え付けます。 テクノロジーといえば、Mazda Connect インフォテインメント システムは、すべてのトリム レベルでワイヤレス Android Auto と Apple CarPlay をサポートするようになりました。 ブラウザのグラフィックだけが少し古くなっています。

良い以上の消費

日本製 1,500 cc ガソリン エンジンの本来の効率、車の軽さ (走行時で 1,110 kg)、そして電気モジュールの貢献も確かに優れた結果をもたらします。 HundRED Challenge、レッドの100km消費テストラップ。 消費量は、高速道路では 6.2 リットル/100 km に増加し、郊外では 3.8 リットルに減少します。 街中で5.5リットル/100。mazda2 - 計装

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。