モデナの市庁舎で歓迎された日本領事館

モデナでは、マエストロ吉田博文指揮の市立フィルハーモニー管弦楽団の最初のコンサートの機会に、ミラノの日本領事雨宮雄二が市庁舎でジャン・カルロ・ムッツァレッリ市長に会い、彼を街に迎えました。

日本代表団との会合は、劇場での会合の直前、6 月 6 日月曜日の午後の終わりに市役所の Sala delle Mifore で行われました。

領事夫妻に付き添われて、マエストロ・アルド・シシージョ市立劇場館長、ジョルジョ・ザニョーニ・フィルハーモニー協会会長、沢上敦人財団法人沢上オペラ財団会長(フィルハーモニーのメインスポンサー)、彼の妻、マエストロ吉田博文フィルハーモニー総監督、広田司イタリア日本大使館公使。 また、フィルハーモニー協会からはリタ・マルケジーニ、沢上財団からは山田純、村田菊枝、小澤かのらが出席した。

会談の最後に、ムザレッリ市長は雨宮雄二領事夫妻に、アセタイア市が製造したバルサミコ酢のボトルと「Balsamico è」を贈呈しました。 マスター吉田博文への巻「モデナの黒い金」。 「ナイトエフェクト」編を広田司大臣に。 同じ本が沢上厚人夫妻に提供され、モデナ大聖堂の本「A Book of Stone」も同様でした。 ジョルジオ・ザニョーニは、「夜のモデナの効果」という本を受け取りました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。