ヤマハ発動機は自動運転の開発を続けています

とともに 2017年初投資 そして一つ 2019年第2位ヤマハエンジン 再び従事する Autoware は初のオープンソースの自動運転オペレーティング システム (OS) であり、日本企業は「自動運転の「民主化」に取り組んでおり、誰もが技術の進歩に貢献できるようにする」と述べています。

ブリヂストンやその他の投資家とともに、ヤマハは総投資額を レベルⅣ、 高度な自動運転システム、121 億円 (約 7400 万ドル)。 同社によれば、この技術は、 低速での自動運転を目指す 特定の条件下で。 現在、この技術は制限があるため、範囲内のモデルに直接取り付けることはできそうにありませんが、ヤマハが直面している絶え間ない長期にわたる取り組みは、岩田の技術者がそれを信じていることを示唆しています. 本当に、そして 将来 大排気量のオートバイで見られます。

このテクノロジーの現在の制限により、R1 や Tracer 900 などのモデルに搭載できない場合、おそらく実験的なタイトルで、新しい NEO’S 電動スクーターにレベル IV を搭載できると考えるのはまったく奇妙ではありません。 .

あとは待って、何が起こるかを見るだけです。 しかし、遅かれ早かれ二輪車にも自動運転システムが搭載されることは明らかであり、この移行が行われると、ヤマハは確かに優位性を持ち、恩恵を受けるでしょう.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。