ランキング | アマゾン | 書籍

ヴェローナは、アマゾンのランキングで最も読書量の多いイタリアの都市で 9 位にランクされています。 また今年、e コマース企業は、読書をあきらめたくないイタリアの都市のリストをまとめました。 夏でも冬でも、昼夜を問わず、イタリア人は熱心な読者であると主張し、それぞれが好きなジャンルとタイトルを持っていますが、情熱は同じです。
そして、ほぼすべての人が本を手に持ち、それが本質的な喜びであると感じているとすれば、ボロネーゼとナポリの人々は、電子書籍またはデジタル形式の本を読む傾向が最も強い.

ランキングの第 1 位には 10 年連続でミラノが、第 2 位にはローマが確定しています。 トリノとボローニャの都市が続きます。 ジェノバは 5 位で、フィレンツェとナポリが続きます。 トップ 10 の 2 つのベネチアの都市は、8 位のパドヴァと 9 位のヴェローナです。 最後に、トリエステがトップ 10 を締めくくります。
パレルモは 11 位のままですが、カリアリとバリはそれぞれ 12 位と 15 位に躍進しています。

読書は北から南まですべての人を結びつけますが、誰もが好きなジャンルを持っています。 文学と文字通りの研究に重点を置くミラノ人や、子供やティーンエイジャー向けの本をより多く購入したローマ人から始めました。 トリノで最も広く読まれている本は、日本発祥の漫画です。 そしてスリラーはボローニャでもっと売れます。 ジェノヴァ人は健康に関する本に興味を持ち、フィレンツェ人は科学や技術の本をより多く読み、ナポリ人はロマンチックなジャンルの本に惹かれます。 パドヴァとヴェローナの間のベネチアの読者は、ますます経済問題を研究し、偉大な人物の伝記からインスピレーションを得ていますが、ジュリアンの首都では、芸術、音楽、映画なしではできません。

アマゾンのランキングによると、イタリア人が最も読んだ本はエリン・ドゥームの「涙のファブリカンテ」で、ろうそくの明かりで語られた伝説が現実になり、主人公の人生が感動的な小説に変わる物語です。 著者マデリーン・ミラーによる最も愛されている本「アキレスの歌」の第2位。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。