レディ・オスカー:原作者がイメージしたランジェリーコレクションが登場

このように見えます ベルサイユのバラレディ・オスカーの有名なアニメの元となった漫画は、この時期に 2 番目の青春を追体験します。 原作アニメから42年ぶりとなるレディ・オスカーの新作アニメ化が発表されたことを受けて、原作者は、 池田理代子をテーマにしたランジェリー コレクションの登場を発表しました。

池田自身が直接デザインした下着のコレクションで、花のモチーフで漫画のシンボルであるバラを思い起こさせます。 フランス革命の時代にインスパイアされた多くのディテールで豊かになった宮廷服の豪華な装飾品に似たインサートを備えています。

この日本の会社は、レディ オスカーとル ローズ ド ベルサイユにインスパイアされたランジェリー コレクションを製造しています。 ワコール、 彼女の新しいラインを「劇的にセクシー」と表現する彼女のブランド変更されたブランド「Salute」を通じて。

この機会に、漫画家は、胸の谷間からブラジャーを見せびらかすマリー・アントワネットなど、オスカー夫人にインスパイアされた下着を身に着けているシリーズのメインキャラクターの一部もデザインしました(ファッションとして知られています). みせぶら 日本で)。

価格は精巧なブラで10,450円(約73ドル)から、クラシックなブラで8,250円からで、大きいサイズになると若干値上がりします。 一方、ブリーフ、キュロット、キュロット、およびコレクションの残りのすべての作品は、約4,400〜6,200円の範囲です.

すべてのモデルは、すでにオンラインで注文できます。 オフィシャルサイト 日本のメーカー。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です