ロシアは2021年に日本を攻撃したかったのですか?

昨日から今日までの夜に ニューズウィークアメリカの主要な新聞の 1 つ、 彼は明らかにした から情報を受け取った アラートランチャー ロシア連邦保安庁 (KGB の直接の後継機関であり、FSB の頭字語でも知られています) の モスクワが日本(NATOの一部である国)に対して実行したかったであろう軍事行動 この情報は、現在フランスに亡命し、FSBエージェントと直接接触しているロシア出身の人権活動家、ウラジミール・オセチキンを通じて到着したはずです。

紛争懸念の口実 クリル諸島日本北部、北海道とカムチャッカ半島の間に位置する、人口は少ないが戦略的に重要な群島です。 19 世紀後半から日本が植民地化したこの島々は、1945 年にソ連が連合国との協定に基づいて戦利品であると主張するまで、帝国の支配下に置かれていました。 それ以来、日本はモスクワとの平和条約を受け入れていない最南端の 4 つの島々に対する主権を主張し続けています。

によると ニューズウィーク おせんきんの情報提供者は、 2021年の夏、特に8月、 ロシアがアジアの国との紛争の準備が最も整っていた時期。 伴奏として、旧日本帝国の侵略とジェノサイドの過去を想起させることを目的としたプロパガンダ マシンで、特に近年の日本の外交政策が取った「ナチス」ターンを強調しています。 物議を醸す安倍晋三政権。

クリル問題は、ほぼ 80 年間、東京とモスクワの関係に根本的な緊張をもたらしてきましたが、 状況が微妙な変化を遂げたのは、この 10 年間だけです。 特に2011年以降、ロシア連邦のドミトリー・メドベージェフ大統領 彼は列島の軍事防御の大幅な強化を求めていた、続いて2015年に対空ミサイルの設置とヘリコプターと戦争潜水艦の到着が続きました。 一方、日本はまさに安倍の姿で、交渉の重要性を強調しようとしたが、歴史的な主張を放棄することはなかった。

両国にとって、日本と係争中の他の群島と同じように、「岩の群島」にすぎないと定義されてきたものは、 尖閣確かに、否定できない戦略的重要性を持っています。 だけでなく、非常に強い象徴的価値ロシアにとって千島列島が第二次世界大戦中になされた努力の代償であり続けるとすれば、日本にとってはそれらは日本の支配階級の多くが完全に受け入れたことのない帝国権力の最後の遺産である.

と共有されているドキュメントで ニューズウィーク NATO 憲章の第 5 条については言及されていません。ここ数週間で話題になった そして、ロシアの軍事力がエスカレートした場合、ほぼ確実に日本政府によって発動されるだろう。 現時点では、ロシアと日本の外務省からの応答はありません。 ニューズウィーク 件名の明確化のために。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です