ロシア:外出するかしないか、タイヤメーカーのジレンマ

多くのタイヤメーカーは、2022 年 2 月 24 日にロシア軍がウクライナに入国してから数か月間、特に欧州連合が 7 月 10 日からロシアで製造されたタイヤの輸入禁止を発表して以来、難しい決定に直面しなければなりませんでした。

Nokian Tyres、Bridgestone、Continental、Michelin、Yokohama、Pirelli などの企業は、自社と従業員のためにロシア工場の操業を継続することを決定しなければなりませんでした。 これらの生産者に彼らの立場を尋ねたところ、前述の生産者のうち 4 人はロシアから離れているか、そうすることを検討していますが、2 人はそうではないようです。

ノキアン

国内および輸出市場向けにロシアで生産施設を所有および運営していたヨーロッパおよび日本のタイヤ メーカー 6 社のうち、ノキアン タイヤは、戦争と EU の対ロシア制裁によって最も大きな打撃を受けたことが知られています。

しかし、フィンランドの会社はロシアへのコミットメントの終了を発表し、そうする最初のタイヤメーカーでした. 6 月末の Nokian の「制御された撤退」のニュースに続いて、10 月末には、ロシアの石油会社 Tatneft との間で、サンクトペテルブルクにあるノキアン タイヤ工場の売却に関する合意が発表されました。消費者用タイヤは毎年生産されていました。 ロシアの競争当局は現在、約4億ユーロの価格になると予想される売却を検討しています。

ブリヂストン

11月1日以来、ブリヂストンが信頼できるタイヤビジネスをロシアで再び運営できるという希望をあきらめたことも明らかになりました. 日本の製造業者は最近、「ロシアの資産の地元の買い手を見つけるプロセスを開始した」と発表し、「ロシアでの一般的な不確実性と進行中の供給問題に照らして」そうしていると説明した.

このような取引には、2016 年に開設されたウリヤノフスク タイヤ工場の売却が含まれる。ブリヂストンは 3 月初旬に同工場での生産を停止し、現在、日本人はロシアから完全に撤退する。

横浜

一方、横浜ゴムは、2012年にロシアのリペツクに開設した800人が働く工場でタイヤを生産していると回答。

3月初旬、同社は「原材料の供給に問題があるため」、工場の生産活動が「一時的に」中断されたことを伝えた. その後、横浜ゴムはリペツクで乗用車と小型トラック用タイヤの生産を再開したが、製造業者は生産を停止した正確な期間を特定することを拒否した.

いずれにせよ、それ以降リペツクで生産されるタイヤの量は、材料の入手可能性を考慮して可能な限り、「人件費を賄うために可能な限り低いレベル」です。 横浜によると、2021年にリペツクで約8,000トンのタイヤが生産されました。

特定の質問に答えて、日本のメーカーは、ロシアでの事業の将来について「現在、公式に発表できる情報はない」と述べた. しかし、横浜ゴムは、可能な出口戦略も検討していることを否定していません。本社からの不可解なコメントは、 「私たちは現在、従業員、その家族、顧客、営業担当者、パートナーなど、すべての利害関係者に対する責任を優先して、情報を収集し、適切な行動をとるように取り組んでいます。コマーシャル ».

この「優先度」の表明を解釈すると、少なくともロシア市場への供給に関する限り、横浜ゴムがロシア工場を今後も継続する意向であることは明らかであると結論付けることは難しくありません。

ミシュラン

一方、ミシュランは「現時点ではこれに関するニュースはありません」. Ha pubblicato una dichiarazione riguardante le attività in Russia a meta marzo, e l’assenza di ulteriori notizie indica che che Michelin non ha prodotto pneumatici nello stabilimento di Davydovo (capacità annua: da 1,5 a 2 milioni di pneumatici vettura e autocarri leggeri) daそれで。

6月末以降、ミシュランが「2022年末までにロシアでの活動を現地の経営陣に移管する計画」であり、その後、「ミシュランとは独立して」構造を管理することがわかっています. フランスのタイヤメーカーは、この動きが「従業員にとって可能な限り最高の条件」を生み出すことが特に重要であると考えています.

遅くとも 2022 年の夏までに、ミシュランは工場での生産を再開することが「技術的に不可能」であることに気付きました。 クレルモンフェランのミシュラン本社からの最新情報によると、「今年の終わりまでにこの目標を達成することは変わっていません。 私たちは引き続き支配権の移転に取り組みます。」

その結果、タイヤ業界は、今後数日間でフランスからの連絡を期待できます。

ピレリ

少なくとも部分的にはロシアへのコミットメントを維持する意向を明確に宣言しているピレリとの話は別だ。 タイヤメーカーの本社は、「私たちはロシアの工場を維持しており、2,000人以上の従業員の雇用を保護しており、地元市場に向けた活動レベルを下げて運営しています。」

「活動レベルの低下」は、ピレリが最近9月30日の四半期報告書で書いたように、「安全のための投資を除いて、両方の工場への投資を一時停止した」ことも意味する.

ピレリは、ロシアで 2 つのタイヤ工場を運営しています。1 つはキーロフ、もう 1 つはヴォロネジです。 2022 年 9 月末時点で、ロシアはグループの売上高の約 4% を占めており、主に直径 17 インチ以下のタイヤを生産していますが、「ピレリのグローバルな中核事業はプレミアムおよびプレステージ セグメントに重点を置いています」。

ロシアの最終製品のEUへの輸入と特定の原材料のロシアへの輸出を禁止する7月10日からEUによって課された国際制裁に照らして、ピレリは「国内市場での生産に焦点を合わせ、輸入の代替ソースを特定しました。 /輸出の流れ、ロシアからヨーロッパ市場への輸出の代わりにトルコとルーマニアからの最終製品の供給を徐々に導入し、ヨーロッパのサプライヤーの代わりに主に地元のサプライヤーを使用する.

ロシアでのタイヤ生産を維持するという決定にもかかわらず、ピレリは「この地政学的危機と地元市場の進展に照らして、現在のシナリオを注意深く監視している」.

コンチネンタル

ドイツ企業のコンチネンタルは、2013年からカルーガで乗用車と小型トラックのタイヤ工場を運営しており、ロシアとその周辺の開発を注意深く監視しています。

発表された声明は、コンチネンタルの立場を明確にしています。

同社は7月初旬にも同様の発言をした。 コンチネンタルは、「ウクライナでの戦争の結果、適用されるすべての法的制裁と規制を尊重し、遵守する」と述べ、「ロシアに生産施設を持つコンチネンタルのような国際企業にとって、現在の状況は非常に複雑です。 ロシアの子会社の従業員とマネージャーは、要求に応じない場合、重大な刑事責任を負うと脅迫されています。 このため、ロシアの子会社は、現地の需要に基づいて、4月から独自に乗用車用タイヤの生産を再開しました。

©複製予約

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です