ローバッグ – MilanoFinanza.it

ミラノ証券取引所は今日のセッションを下げ、旧大陸の株式にとってマイナスの状況で取引を終えた。

Ftse Mib は -1.07% 下落して 21.799 ポイントとなり、日曜の投票が近づいていることも考慮して、セッション後半にボラティリティが上昇しました。 中央銀行に関しては、イングランド銀行は予想通り、主要金利を 50 ベーシス ポイント引き上げました。
7回連続の利上げとなり、1990年代後半以降で最長の利上げサイクルとなった。

日本の中央銀行は、予想通り超低金利を維持し、インフレ率の上昇にもかかわらず、世界的な金融引き締めの波を回避しました。 また、日本は24年ぶりに円を買い、外国為替市場に介入した。 昨日、FRB は、この場合も予想に沿って、金利を 75 ベーシス ポイント引き上げました。

今日の議題のマクロデータに関しては、毎週の米国の失業保険請求はおおむね予想通りでした。コンセンサスは 215,000 でしたが、その数は 5,000 ユニット増加して 213,000 になりました。

9 月の速報値によると、ユーロ圏の消費者信頼感指数は -28.8 ポイントで、8 月の -25 ポイントから低下し、コンセンサスの -26. ポイントを下回りました。 米国スーパーインデックスは 8 月に 1 か月で 0.3% 下落しました (前月比-0.1% コンセンサス)。

Piazza Affari では、Diasorin (-6.55%)、Stm (-5.99%)、Moncler (-5.91%) が下落を主導しました。 一方、Unicredit はリードしています (+5.32%)。第 3 四半期の口座の承認を得て、銀行は 2023 年の見積もりを引き上げると、CEO の Andrea Orcel は述べています。 続いて、FinecoBank (+4.78%)、Bper (+3.34%)、Banco Bpm (+1.99%)、Intesa Sanpaolo (+0.84%)、B.Mps (+0.82%) が続きます。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。