ローマ、日本のモウリーニョ: 「我々にはプレミアリーグの選手と契約する力がない」

チームの日本ツアーを開始するローマのコーチ会議:「エイブラハムは例外でした。英国の選手を購入する経済力はありません」. それから彼はちょっとしたジョークを提案します:「日本人を取りますか?それが安ければ…」. ティアゴ・ピントはカルスドルプと移籍市場を無視、エイブラハムとヴォルパトは次のワールドカップについて語る

「プレミアリーグに選手を獲得するための経済力はありませんが、タミー(エイブラハム、編集者注)は自慢したい選手でした。マティッチは34歳で、最高のクラブでプレーしてきました。彼は戻ってきました。経験をもたらすために私と一緒に遊んでください。」 彼はそれを言った ジョゼ・モウリーニョ 名古屋グランパスとの親善試合前夜、日本からの記者会見で。

「負傷者の回復が目的」

また読む



ローマ、2027年までソルバッケンと正式契約

ローマの監督はまた、彼のチームのダイナミクスについての最新情報を伝えました:「ここ日本では選手が不足しており、時差ぼけは役に立ちません。重要な選手が負傷しています。彼らを回復させることが重要です。ドラマではありませんが、私たちは長い間戦っています。 -範囲効果 彼らは回復しなければなりません.次に、2番目の目的は、週に3試合を行った人に休息を与えることです.日本の後、彼らには重要な10日間があります.

「ローマに日本人?安ければ…」

その後、モウリーニョは日本のドイツ戦の勝利について次のようにコメントしました。 日本おめでとう、でもそんなに大きなサプライズじゃない、成長している良いチームです。 ヨーロッパでは、個人が重視されます。 私はアジアの選手たちを指導してきましたが、私は幸運にも最高の選手たちを指導してきました。彼らは正しいメンタリティを持っているので、昨日は大きな驚きではなかったと思います。 「日本代表の監督になる可能性について。サッカーでは絶対にないとは言わないが、日本代表には私が必要だとは思わない。彼らには一定のレベルのコーチがいる。 サッカーでは、プロジェクトについて話すのは難しいですが、私には難しいように思えます. 安ければ!」

ピント:「市場?それについて話す時が来ました…」

深化



ローマ、カルスドルプとの対決

一方、ローマはすでに1月にノルウェーのストライカー、ソルバッケンとの契約を結んでいるが、ゼネラルマネージャーのティアゴ・ピントは移籍市場とカルスドルプ事件でタイトルを手放すつもりはない:「彼は交渉について考える時が来るだろう. 1月オープンですが、ソルバッケンは無職だったので発表しただけです。 移籍市場に対する監督の見解は、クラブの持続可能性と財務上の公正なプレーと同様に非常に重要です。. フットボール界には、収入だけを考えないフリードキンズのような家族がもっと必要だ」

エイブラハム「ワールドカップからの除外は私を成長させる」

また読む



オーストラリアの監督:「ヴォルパトは電話したがノーと言った」

タミー アブラハム 彼はイングランドが電話に出られなかったことに戻った。 私はまだ若いし、やるべきことがたくさんあります。 世界選手権にノーと言った人は誰でも クリスチャン・ヴォルパトオーストラリアからの電話を断った:「18歳でワールドカップに出場する絶好の機会だったでしょうが、私はイタリア人だと感じています.私はオーストラリアで生まれ、オーストラリアでサッカーを学びました.夢をかなえるためだけに引っ越しました」

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です