ワールドカップ前の2回目のテストマッチでイタリアが日本に挑戦

コーナー- ピエモンテ DHL テスト マッチ トーナメントに参加するアズーリのレースがない日。 プログラムは、今晩午後 9 時 5 分にアメリカ対日本、明日はフィリップ ブレインのイタリア対日本最終戦 (午後 9 時 5 分から Rai Sport の生放送) を予定しています。 ここの地元クラブの歴史に重要なページを書いた 2 つのチームの技術者にとって、やや特別な試合であり、昨夜でさえジャンネッリと彼のチームメイトへのサポートを見逃さなかった情熱的で有能なクネオの人々に楽しい思い出を残しました。スタンドに4200回出場。
昨日の米国との試合は、デ ジョルジのチームがまだフィジカル面と技術面で改善に取り組んでいることを示しました。 世界選手権へのカウントダウンが始まり、アズーリの誰もが、8月26日からポーランドとスロベニアで開催されるシーズンのハイライトに向けて準備を整えるのに大変な努力が必要であることを認識しています. 9月11日まで。

ロベルト・ルッソの言葉

私の意見では、重要な瞬間を少し逃したものの、全体としては良いパフォーマンスを発揮できました。 我々は特定の状況で何かを逃し、最終的には最高レベルのフォーメーションに対して会費を払い、準備で少し前に現れました. このようなチームに対して、どんな小さなミスも報われますが、昨日の敗北はまだ私たちの成長の道の一部であり、ワールドカップへの準備の一部です.

その後、シチリアの工場は世界選手権への行進について話し続けます。

「私たちの準備は順調に進んでおり、非常に集中しています。 これらのタイプの一致は、私たちがどこにいるかを理解できるため、非常に重要です. 明日の日本戦は主に自陣に集中し、自分たちのゲームを開発し、何をする必要があるかを心に留めておく必要があります。 1 週間後にはスロベニアに到着しますが、そこでは誰も私たちに何も与えてくれませんが、今ではこのレベルのチームと対戦することで、目標に集中しながら良い雰囲気に入ることができます。」
昨日、アズーリを支援することに失敗しなかった地元の人々への最後の考え:

「ホームでプレーすることは常に名誉なことであり、ファンが私たちの側にいることは、常にベストを尽くすための特別な後押しとなります。昨日はスタジアムが満員であるのを見ることができてとてもうれしかったです。」

対戦相手-

日本

中央: 2.小​​野寺大志、6.山内明宏、23.佐藤俊一郎、26.村山豪。
無料: 13.小川智宏、20.山本智宏。
反対: 1.西田裕二、16.宮浦賢人。
ジャグラー: 8.関田将大、9.大矢正樹。
バター: 5.大塚辰典、7.高梨健太、12.高橋蘭、14.石川祐希、22.樋口祐希
コーチ:フィリップ・ブレイン

日本に対する背景-

38勝22敗 通算60勝

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。