ワールドカップ:日本26チーム、欧州20チーム

(ANSA) – 2022 年 11 月 2 日、東京 – 日本は、2022 年カタール ワールド カップに参加する 32 の代表チームの中で、世界選手権に招集される 26 の代表チームのリストを発表した最初の代表チームです。 「ブルーサムライ」の森保一監督は、日本サッカー協会の田島幸三会長も出席した東京での記者会見でそう語った. このワールドカップの目的は、2002年、2010年、2018年に日本がラウンド16に進出したときの最高の結果を改善することであると両選手は強調した. -決勝。 招集された 26 人のリストの驚きは、森保監督のチームの攻撃効率の悪さの問題を考慮して、セルティックスのストライカーと古橋恭悟が不在であることです。しかし、浅野琢磨と板倉功は、11 月 20 日であるカタール 2022 の開始日までに明らかに回復できると考えられており、日本は第 1 段階でドイツ、コスタリカ、スペインとグループでプレーします。 今回は決して「外国人」ではなく、26 人中 20 人です。 – DF:長友佑都(FC東京)、酒井宏樹(浦和レッズ)、山根美希(川崎フロンターレ)、中山雄太(ハダースフィールド/イング)、吉田麻也(シャルケ04/全員)、板倉航(ボルシア・メンヘン/全員) 、冨安健大(アーセナル/イング)、谷口省吾(川崎フロンターレ)、伊藤宏樹(シュトゥットガルト/ドイツ)。 – MF: 柴崎岳 (レガネス / スパ)、遠藤航 (シュトゥットガルト / 全体)、森田英昌 (スポルティング・リスボン / ポル)、田中あお (フォルトゥナ・デュッセルドルフ / 全体)、伊藤潤也 (ランス / フランス)、堂安律 (フライブルク /ドイツ)、鎌田大地(アイントラハト/ドイツ)、相馬祐希(名古屋グランパス)、三苫薫(ブライトン/イング)。 – アタッカー: 南野拓実 (モナコ / フランス)、久保建英 (レアル・ソシエダ / スパ)、浅野琢磨 (ボーフム / ドイツ); 前田大善(セルティック/スコ)、上田彩世(サークル・ブルージュ/ベル)。 (操作)。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です