ワールドカップ2022、ドイツは日本とハラキリ! スペイン対コスタリカ圧勝

4日目 ワールドカップ 2022 間のゴールレスドローで始まった モロッコ クロアチアをフォローしながら ドイツ センセーショナルに 2 対 1 で負けた 日本. ドイツ人はギュンドアンからのペナルティでリードしており、最後の15分で日本人が時間通りに認めた無駄な過ち. 代わりに、すべてが簡単です スペイン に対して コスタリカ、ルイス・エンリケのレッド・フューリーズが6-0で勝利。 近い ベルギー – カナダ 20:00。

スペイン対コスタリカ 7-0

グループEの第2戦は、 スペイン 7-0 で勝利したルイス エンリケ コスタリカ. 一方的な挑戦はドーハのアル トゥママ スタジアムで午後 5 時に行われ、前半はレッド フューリーズが勝利し、氷上で 3 点を獲得しました (3-0 で終了)。 イベリアチームは力強くスタートし、11分にリードを見つけました ダニエル・オルモ21′ でダブル アセンシオ.

コスタリカはあまり抵抗せず、31分にペナルティスポットからのトリオ フェラン・トーレス. 後半の開始時に後者のみがポーカーに署名し、モラタに道を譲ります。 しかし、5-0 のゴールは、 ガヴィ 75分、右ウインガーでワールドカップの最終段階で得点を挙げた最年少選手となった(2004年8月5日生まれ)。 しかし、それだけではありません。90 分の 6-0 のゴールには、 ソレール からのものです モラタ 最後の7-0の93分。

ドイツ対日本 1-2

前田が鋭いカウンター攻撃の後、ノイアーを数歩後退させたとき、試合はすぐにドイツにとって危険であることがわかりましたが、オフサイドの位置にありました。 議事録が過ぎると、ドイツ軍は日本の門を包囲し、31分に 悲しみ スコアボードのロックを解除します。ボックス内のキミッヒから、日本のゴールキーパーに倒されてゴンダを追い払おうとするラウムにパスします。 ディスクから ギュンドガン 寒くて1-0です。 前半のアディショナルタイムには、ハフェルツもラウムのアシストで空のネットで2-0にしたが、VARは彼をオフサイドに「ピンチ」し、ゴールを許さなかった。

回復はより積極的な日本で始まっていますが、最高の機会はドイツに残っています。 しかし、ドイツ人の本当の欠点は依然として際立っています。つまり、ゴール前でほとんど何もしなかったということです。 実際、ムシアラは 51 分にシュートを放ち、ギュンドアンは 60 分にアウトサイド ポストにシュートを放ち、70 分と 30 秒の間に日本のゴールキーパー ゴンダが 4 本のセーブを記録しました。 日本は生き残り、74分に伊藤(ノイアーの見事な介入)で最初に同点に近づき、76分に1-1になる:三苫が左サイドのボックスでサーブ 南野がボールをプッシュ。ノイアーによる短いバック ドアン 彼はバッグの中で繰り返します。 ドイツは「コンパス」を失い、日本はそれを信じ、83分にセンセーショナルなオーバーテイクが起こった:板倉のスロースルー 浅野、シュロッターベックを燃やし、非常にタイトな角度からショットでノイアーを打つボックスに入ります。 アルゼンチンが別の輝かしい犠牲者をデビューさせた後、ドイツ人の最後の攻撃は実を結びませんでした。

ドイツのトレーニング、FIFAへの抗議

モロッコ対クロアチア 0-0

その日の最初のゲームは、ゴールレスドローでした モロッコ クロアチア、ベルギーとカナダとのグループ F に配置された 2 つのチーム。 得点チャンスが少ないバランスの取れたチャレンジ。 クロアチア人コーチ ズラトコ・ダリッチ、彼は挑戦の終わりに話しました。 「難しい試合だった。予想通りだった。対戦相手はうまくコンパクトだった。よく準備してブロックを形成した。全員がボールの後ろにいた。この状況に備えてトレーニングを行ってきた。しかし、ほとんどの選手は「ミスを恐れていたので、深みと縦方向のボールはほとんどありませんでした。1 点でもクロアチアやモロッコにとってアドバンテージになる可能性はありますか?多かれ少なかれどの程度になるかはわかりません。グループをパスするには、得点しなければならないことはわかっています。 4 点か 5 点です。続けてください」。

関連記事

2022年ワールドグループの結果とランキング

2022年ワールドカップ全日程

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です