世界の未来がグローバルパワーエリートと出会う

アジアのビジネスリーダー、政治家、教授、学者。 たとえ出席者全員の名前を知らないとしても、作品のテーブルは偉大な人物を脇に置いています。 11 月 19 日と 20 日、東京の日本の首相官邸からそう遠くないホテルの一室で、 三極委員会または、1973 年以来、世界で最も複雑な問題のいくつかについて議論し、解決策を提案するために著名な人物を時折集めてきた謎めいた組織である三極委員会。

約 50 年前にデビッド ロックフェラーによって設立された同委員会は、自らを「アイデアを孵化し、セクターや地域を超えて関係を構築する」重要な場所であると説明していますが、「共通の価値観と、法、開かれた経済と社会、そして民主主義の原則。」 冷戦 日米欧の「三国間」安全保障パートナーシップを導くことを目的としており、今日でもその審議と主張されている 放射線 彼が行使することは、多くの憶測の対象です。

委員会の管理構造には、メンバーが選出される 3 つの地域が含まれます。 米国、カナダ、メキシコをカバーする北米グループ、ヨーロッパ グループ、最後に日本、韓国、ASEAN のメンバー、オーストラリア、中国、インド、ニュージーランドを含むアジア太平洋グループがあります。 各グループには、独自の会長職と重要人物がいます。 経営陣は合議制であり、3 つの地域会長会は執行委員会によってサポートされています。

で開催された今年の総会は、 日本、パンデミックの開始以来初めてです。 提案されたテーマと解決策は非常に重要ですが、言及されているように、それらが著名な人物から発せられているという理由だけで、会議への時折の参加は招待状のみであり、一部のメディアは三極委員会を一種のものと定義していると言及しています。の 秘密結社. 50 年ぶりに、すべてのセッションを合わせた委員会の仕事が、3 人のジャーナリストに公開されました。 日経アジア参加者が名前で言及されていないことを条件に、アジア太平洋グループの会議に参加することができました。

一般に、委員会の新しいメンバー候補は、承認される前に慎重に審査されます。 過去の作業に繰り返し参加したさまざまな名前の中には、米国国務長官のアントニー・ブリンケン、ジェイク・サリバン、米国の国家安全保障担当補佐官、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相、インドのスブラマニヤム・ジャイシャンカール外相などがあります。 まさにその通りです」回転ドア陰謀論者を生み出すための委員会と国際政治の上層部との間。 いずれにせよ、日本での会議からいくつかの興味深いアイデアが生まれました。 これは、少なくとも部分的には、地球の近い将来を形作る可能性があります.

アジアと西洋のギャップ

前述のように、東京では、アジアパシフィックグループ. 出席者には、将来の首相になる可能性があると考えられている若い日本の政治家、さまざまな元財務省の役人、さらには日本の皇室の親戚も含まれていました。 多くのポピュリスト政治家が選挙で選ばれていない無責任なエリートの一種の議場と見なしている委員会のイメージを超えて、最近の会議の重要な問題にスポットライトを当てる必要があります。世界規模で。

のジャーナリストは 日経 実際に明らかにした 分ける見解の相違。アジア そして組織の他の「翼」(アメリカ大陸 ヨーロッパ)。 「アジア、特に中国に対する米国の政策は偏狭で融通が利かないものであると私たちは信じています。米国の人々に多様なアジアの視点を認識してもらいたいのです。」アジア太平洋グループの新しいディレクター. 言い換えれば、アジアのインプットがなければ、米国が世界を危険な方向に導くリスクがあります. 比較.

「我々は、 中国. 各国にどちらか一方を選択させると、東南アジア諸国は中国を選択します。 重要なのは、彼らに選択を強制しないことです」 日経レビュー. はい、中国を巻き込みます: ワシントンに関するこの考え – 世界貿易機関のような国際機関に中国を含めることによって、北京は西側諸国のようになるという希望 – は死んで埋もれています。 振り返ってみると失敗したと見なされている最後の試みは、オバマ政権によって行われました。

ドナルド・トランプの前と ジョー・バイデン その後、彼らは非常に異なるアプローチを取りました。 昨年10月に発表された最初の国家安全保障戦略では、バイデン政権は、中国を「国際秩序を再構築し、経済的、外交的、軍事的、技術的に成功することを意図した唯一の競争相手」と定義するために中途半端な手段を使用しませんでした. しかし、中国をもっと巻き込むという考えは、三極委員会内、特にアジア太平洋グループのメンバーの間で死んでいません。 「2頭のゾウが戦うとき、アリは踏みにじられる。2頭のゾウが死ぬまで戦うとき、私たちは皆死ぬだろう。そして問題は、何のために?」と出席者は強調し、中国と米国の間の競争に言及した.

どんな未来?

東京での会議で明らかになったように、アジアのエリートたちは、世界が間違った方向に向かっていることを恐れています。 中米競争その結果 経済的デカップリング 北京出身。 から送信された 日経レビュー 彼らは、多くの参加者によると、問題は米国と一致するか、より正確には、危険なゼロサムゲームを作成することによってそのイデオロギーを輸出したいという米国の傾向と一致すると述べました.

アジアの学者たちは、「考え方が異なる国々を説得し、関与させるための実行可能な戦略を策定する必要があります」と述べています。 インドの参加者は、国際社会が成長するアジアに適応する必要性について次のように述べています。 これは明らかに変更する必要があります。 アジア太平洋はアンカーでなければならず、中国が去ることを望んでいるわけにはいきません。」

経済的な観点から、米国政府は企業に対し、同盟国または友好国への「帰国」または投資を奨励してきました。 韓国のエコノミストは、ソウルは必然的に米国と中国のどちらかを選ばなければならないと指摘し、それは他の多くの政府にも当てはまるだろう. したがって、アジアは引き続き グローバル化、西側とは明らかに異なる立場を採用しています。 したがって、未来のアイデアは非対称です。 そして、それは戦いにつながることができないという意味ではありません。

あと1分ください!

今読んだ記事が気に入った場合は、自問してみてください。ここで読んでいなかったら、他の場所で読むことができたでしょうか? InsideOver がなかったら、メディアによって忘れられた戦争がどれだけ残るでしょうか? あなたの周りの世界について、あなたができなかった反射は何回ありますか? 私たちは毎日、質の高いレポートと情報を無料で提供できるよう取り組んでいます。 しかし、私たちが行うジャーナリズムの種類は決して「安っぽい」ものではありません。 私たちを励まし、サポートする価値があると思われる場合は、今すぐ実行してください。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です