中国。 日本との軍事ホットライン、違いが残る

北京と東京は、アジア諸国の首脳が3年ぶりに会談した数日後の外交協議で、海上対話を深め、台湾とその領土紛争を処理し、軍事ホットラインを開くことに合意した.

中国の習近平国家主席と日本の岸田文夫首相は、先週バンコクで開催されたアジア太平洋経済協力会議 (APEC) サミットの傍らで会談し、緊張の高まりを緩和することで合意した、と報告書は報じている。 scmp.

北京からのプレスリリースによると、中国と日本は、海洋紛争について「広く深い」意見交換を行い、「安定した建設的な関係」を構築するために習主席と岸田氏が先週合意した合意を「真剣に実施する」ことを約束した。 . .

11 月 22 日に開催された海洋問題に関する二国間メカニズムの最新の部門レベル会議には、国防省、沿岸警備隊、責任機関、海洋環境およびエネルギーを含む、双方の他の 7 つの政府機関が参加しました。

北京はその後、会談中に達したさまざまなコンセンサスを発表した。その中には、2 つの国防省間の直通電話回線を「できるだけ早く」「確立し、活性化する」ための取り組みを加速するというものも含まれていた。

双方の沿岸警備隊は、海上での国境を越えた犯罪と戦うためにさらに協力し、海上捜索救助における「実際的な協力」を強化します。 両者は共同で違法漁業と闘い、海洋プラスチックごみに対処します。

習氏と岸田氏はまた、先週の「率直で詳細な話し合い」で、協力の機会を探り、安全保障上のコミュニケーションを強化することを約束した。

日本が台湾、香港、新疆などの問題で米国との連携を強化したため、ここ数か月で二国間関係がさらに悪化している兆候があるにもかかわらず、両首脳が APEC で表明した予想よりも温かいトーン彼らが緊張緩和の可能性への希望を再燃させたという会議。 岸田氏は、待ちに待った会談を「良いスタート」と表現したが、習氏は、両国関係の重要性は変わらず、両国は違いがあっても「脅威ではなくパートナー」であるべきだと述べた。

しかし、両国が関与を強めようとしているにもかかわらず、領土問題、特に日本の戦時史、台湾問題が依然として主な障害である、とアナリストは述べた。

Xiに会った後、 岸田氏は、台湾海峡の安定について「深刻な懸念」を表明したと述べた また、8月に米国下院議長ナンシー・ペロシが台湾を訪問した後、係争水域付近での中国の軍事活動、特に日本付近での中国の弾道ミサイル発射について言及した。

両氏は、「海と空の連絡メカニズム」の一環として、近い将来にホットラインを開設する計画への支持を表明した.

両国の国防首脳は昨年12月、誤解や偶発的な衝突を避けるため、今年末までに軍事ホットラインを設置することに合意していた。

中国と日本は 2007 年に、この地域でエスカレートする空と海の衝突を防ぐための軍事通信メカニズムの構築について協議を開始しました。 メカニズムの一部は 2018 年から運用されていますが、軍の指導者をつなぐホットラインは運用されていません。

アントニオ・アルバニア人

地政学的収集に関する最新情報をフォローしてください。 https://t.me/agc_NW

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です