中国が軍艦を日本海に派遣

中国は、ロシア軍とともに日本海で実施される海軍演習に参加するために、軍艦の編隊を日本海に派遣した。 艦隊は駆逐艦「南昌」が率い、フリゲート艦「塩城」と補給船「東平湖」が隣接しています。

この最近の派遣は、第二次世界大戦での日本の降伏から 77 周年を迎える前夜の土曜日に行われました。 このニュースは、8月の衆議院議長の訪問後、関係がますます冷え込んでいる中国と米国の間の激しい対立の影の中でさえ、東京と北京の間で特に緊張が高まっている時期にもたらされた. ナンシー・ペロシ 台湾で。

3台の海上車両は、すでに配備されている300台以上の軍用車両で構成され、そのうち21台は飛行機、ヘリコプター、およびその他の兵器で構成されています。 この演習は、ロシアが主催する「ボストーク 2022」演習の一部です。 中国人民解放軍はすでに陸軍、海軍、空軍から 2,000 人の兵士を派遣している。

同じ主題について、によって発行されたニュースも参照してください。 AVIONニュース.

CPG-1246642

AVIONEWS – 世界航空報道機関

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。