中国 – ロシア。 日本の水域での第三種の出会い

中国やロシアが日本周辺で活動を活発化させている。 最近、数隻のロシアと中国の軍艦が群島の水域を遮断しました。 東京はNATOサミットでも状況の複雑さを強調した

7 月 7 日水曜日、ロシアの諜報船が沖ノ鳥島 (日本列島の最南端) に隣接する海域を航行しました。 火曜日の夜、他の 3 隻のロシア艦 (駆逐艦「元帥シャポシニコフ」コルベット「Gremyashchiy」と支援船「Pechanca」)は代わりに、九州本島西部と朝鮮半島の間に位置する対馬海峡から東シナ海まで南下しました。

2 日前の 7 月 4 日月曜日、コルベット グレミャシチー 日本が管理する無人島である尖閣の海域に隣接する海域に入った。 彼はクバと大正の岩の間を約 1 時間航行しました。約 40 分前に、日本の自衛隊は中国の軍艦であるフリゲート艦「ジャンウェイ II」の存在を報告していました。

北京はこれらの海域を主張し、尖閣諸島を「釣魚島」と呼び、歴史と地理が混ざり合っている(日本列島から 1,900 キロメートル、上海から 3 分の 1 未満の距離にある)。 この論争は東京との最大の摩擦要素の一つです。 それはすべて、インダス太平洋の暖かい象限の 1 つである東シナ海で行われます。

ロシアと中国が軍艦を日本の海域に派遣したのはこれが初めてではない。 過去数週間、彼らは 力のショー 日本列島全体(シャポシニコフ諸島と Gremyashchiy はこの海軍展開の一部でした)。 過去にも似たようなことがありました。

現時点で懸念されているのは、これが起こっている頻度である、と日本の外交筋は言い、次のように付け加えた。

国際法によると、「隣接水域」とは、沿岸国の領海に隣接する海域であり、「海域の幅が測定される基線から 24 海里を超えて拡張することはできません。領海」です。 国際法は、軍艦を含むあらゆる国の船舶が、その国の安全を脅かさない限り、沿岸国の隣接水域を航行することを認めています。 米国は、南シナ海で中国が支配する(そして軍事化された)西沙諸島を自国の船舶が通過する際に、同じ権利を主張している。

東京は、何が起こったのか「非常に気がかりだ」と言っています. 「尖閣諸島は、歴史的にも国際法の下でも、日本の領土の不可欠な部分です。 政府は、日本の土地、領海、空域を守るために、この問題に冷静に、しかし断固として取り組む」と首相官邸はコメントした。 岸田文夫。

中国外務省のスポークスマンは定例記者会見で、「近海での中国船舶の活動は合法であり、正当化される」と述べ、「日本は無責任だとコメントする権利はない。

最近親欧米(反中国、反ロシアも)の公共活動の質を高めた東京は、これらの争いの水域で何が起こっているのかに特に敏感だ。 西側とのパートナーシップによるこれらの活動の中には、 マドリッドでのNATOサミットへの岸田の参加. この機会に、日本の最高経営責任者は同盟国に懸念を表明した。

NATOの国家元首と政府のスペイン首脳会議は、ブロックの将来のビジョンを概説するプログラム文書である戦略的概念の更新によって特徴付けられました。

中国の「強制的な野心と政策は、私たちの利益、安全保障、価値観に挑戦している」とNATOは先週発表された文章で書いている。 繰り返しになりますが、「中国は幅広い政治的、経済的、軍事的ツールを使用して、その戦略、意図、および軍事開発について不透明なままでありながら、世界的な影響力とプロジェクト力を拡大しています」.

この文書はまた、北京とモスクワの間の「成長する戦略的パートナーシップ」と、「ルールに基づく国際秩序を弱体化させようとする相互強化の試みは、私たちの価値と利益に反するものである」ことに注目を集めました。

月曜日のロシアと中国の侵略は奇妙ではありません。 ポイントはこれです:これらの軍用ボート 彼らは共同活動のためにモスクワと北京から派遣されたので、ロシアは – この特定の瞬間に – 中国の主張を支持する利益を強調したいのですか? 条件はそこにあるでしょう。

ロシアはしばらくの間、日本に対する関与のレベルを上げてきた:クリル諸島をめぐる論争、そして最近では、ウクライナからのロシアの侵略に直面して日本が取った立場 – 制裁についてさえも – 非常に親欧米的である。 . 救援イベントの 1 つは、クレムリンが日本とアメリカの企業をサハリンの大規模なガス プロジェクトから切り離す措置でした。

また、国際問題の分野では、モスクワは世界の経済および商業世界の主要国から徐々に孤立するプロセスを経ていることも付け加えておく必要があります。 この状況はロシアを呼んでいます – その財源は輝いていません 中国ともっと関わる必要性。 クレムリンの思想家に常に支持されているが、飲み込まれてしまう危険性がある。 しかし、これらの活動(モスクワも関心を持っている)への支援は、中国との連携の結果である可能性もあり、これは前提条件ではなく必要性である.

しかし、ロシア国防総省は、尖閣諸島の理論上の共同訪問について、2 隻の船の動きの背後には不可抗力の原因があったと説明しました。 台風「アエレ」による暴風雨を避けるため、ロシアや中国の船舶は予定された航路から外れて尖閣海域に「避難」を強いられた。 東京はこの不測の事態を考え、厳格だが統制された路線を選んだ。

日本は、最近のロシアによる島嶼周辺での作戦行動に「強い関心」を持っていると述べている。 しかし、日本の外務省は、台風に関連した理由が考えられるため、正式な外交的抗議はありませんでした。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。