任天堂、無礼な客に修理なし

顧客は常に正しいですか? 無礼なら仕方ない. の新しいポリシー 任天堂 日本では、それは確かに可能です 修理または交換の要求を除外する コンポーネントが正しくないか、さらに悪い場合、サポートポイントの人員に対して敵対的な行動が維持されます。 この決定は、顧客からの攻撃や誇張された要求から従業員を適切に保護することを目的としており、支援を拒否するだけでなく、最もデリケートなケースでは当局に連絡する可能性があり、地方自治体から称賛されています.

任天堂の新しい内部ポリシーは、日本政府関係者からプレス ソーシャル メディアの承認の国民投票を受けました。 不当な要求または攻撃的な行動に関与する. 例としては、脅迫や嫌がらせ、侮辱や中傷的なコメント、プライバシーの侵害、容認できない要求 (保証対象外の無料交換など)、理由のない正式な謝罪の要求、既に拒否された要求に対する嫌がらせ、さらには ウェブサイトやソーシャル ネットワークでの中傷的なコメント. これらのケースのいずれかが発生した場合、顧客は任天堂からの支援を拒否される可能性があり、最も深刻なケースでは、関係当局への報告がトリガーされる可能性があります.
この動きには 絶賛された 厚生労働省から、同社のイニシアチブを歓迎した。

決定は厳しく罰するものに従う 社内での嫌がらせや差別、それにより、誤動作しているコンソールやアクセサリにしばしば不満を持っている顧客とやり取りしなければならない従業員を保護します. 問題になる可能性のある点が 1 つだけ残っています。それは、援助要請の繰り返しに関するものです。 利用規約に関しては、すべて任天堂の裁量に任されています。 現時点では、新しいポリシーは日本にのみ影響を与えますが、国際部門にも適用されるかどうかは明らかではありません.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です