個人宅の内装リフォーム

ソラリアタワーの高層階では、 イタリアで最も高い住宅ビル、lo スタジオ マルコ ピバ 数多くの国際的な研究の中から慎重に選択されたプロセスの後、 アパートのインテリアデザイン 重要な外国人クライアントのために、彼は都市での滞在期間のために一流の不動産の機会を探していました.

スタジオ マルコ ピカ | トッレ ソラリア ミラノのアパートメント。

元のレイアウトは、美的および使いやすさのニーズを満たすように変更され、可能な限り壁が取り壊されました。 大きな出窓の作成 これにより、環境のより明るく流動的な側面が可能になります。外とつながるダイナミックな空間現代のビジネスマンに特化した機能を備えています。

既存の2つの部屋はそれぞれスタジオとジムに改装され、 3番目はサービス担当者が使用するために残りました。 仕事、レジャー、リラクゼーションに特化した環境。日本のお風呂 特にご要望に応じて、伝統と現代性を融合させ、ビジネスマンのニーズと彼の最も親密な領域、つまりミラノでの滞在ごとに識別できる正確なアイデンティティを備えた専用の家を組み合わせて設計されました。

スタジオ マルコ ピカ | トッレ ソラリア ミラノのアパートメント。 日本のお風呂。

リクエストは 重厚な素材の場所ですが、清潔でエレガントですテクスチャ、ディテール、床と壁の素材が互いに続くリズムによって決定される「オンタッチ」効果: 明るい筋、柔らかな色、洗練されたコントラストが、選択された家具と調和し、すべての会社のイタリア製が最も多くなっています。環境をユニークにするカスタムデザインの要素と、デザインの歴史に組み込まれたクライアントが所有する芸術作品で有名です。

スタジオ マルコ ピカ | トッレ ソラリア ミラノのアパート。 大きな窓。

細部にまでこだわった繊細なラグジュアリーエレガンスと軽快さのバランスを取りながら、デザインの本質を際立たせるミニマルなスタイルです。

スタジオ マルコ ピカ | トッレ ソラリア ミラノのアパート。 繊細な贅沢。

誰が何をした

  • プロジェクト:インテリアデザイン。
  • デザイナー:スタジオ・マルコ・ピバ
  • 表面: 240 m² のインテリア + 75 m² のテラス
  • 写真: ©Andrea Martiradonna
  • ゼネコン:Mobil Project(レイアウト)、Cadore(固定家具)
  • サプライヤー: Agape、Alpi、Antoniolupi、Artemide、Axolight、B&B Italia、Caleido、Casamilano、Cassina、Catellani & Smith、Cfg Tessuti、Davide Groppi、Eco Contract、Erba、Ex.T、Flos、Geberit、Glas Italia、Gubi、Inalco、Laufen 、Living Divani、Lualdi、Marmoarredo、MDF、Miele、Minotti、Natuzzi、Nexo Luce、Peloton、Penta、Poliform、Porada、PPG、Ravaioli Legnami、Tacchini、Tubes、Vesta、Vibia、Vimar、Vivaio Dordoni。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です