初日日本制覇。 パロディとガンバはラウンド 16 でストップ – OA スポーツ

畳の上でのとても激しい週末 東京体育館の座席 日本の首都でのグランドスラムの最後の有用なイベント 世界柔道ツアー 予想より早い マスターズ オブ エルサレム (12 月 20 ~ 22 日) c彼は 2022年 比較のみ 各カテゴリーのベスト 36. 62か国から360人のアスリートが参加する予定です。 今日のレースでイタリアのために ロレンツォ・パロディとジャコモ・ガンバ81kgその間 ジェンナロ・ピレリとエンリコ・ベルガメリ 彼らは明日、100 kg のチャレンジに呼び出されます。

ホストの結果を考えると、ライジングサンの特徴が強い 1 日目に家でできることはほとんどありません。 パロディとガンバは、事実のテストのために、彼らのカテゴリーの第2ラウンドで止まった.. ロレンソが南アフリカに勝利 モハメド・アルハジリ そしてペルーに対して バンジャミン・ガラレテフランス語に屈する前に アルファ・ウマル・ジャロ. パロディは 2 時間 15 分以降、技ありのおかげでアドバンテージを得て、対戦相手の一本に苦しんでいたので残念です (3 時間 07 分)。 同じ話、同じ海のガンバ、ドイツに勝利 ティモ・カベリウスしかし、カナダ人に殴られた フランソワ・ゴーティエの旗 為に はんそくまけ ゴールドスコアで。

私たちは日本の支配について話していました。 ケニア小原 長瀬貴教表彰台の残りの部分は、もう一人の日本代表によって完成されました 藤原聡太 とフランス語 ジャロ. 他のカテゴリーでは、イタリア人を除けば、「日本」の覇権は明白であった。 橋本宗知 -73kgで 増山浩介 -90kgで。

女性レベルでも順番は変わらない、提供された 3 つの重量カテゴリで。 の中に –57kg 日本人4人がトップ3を占める:船久保遥が優勝、2位は吉田司、3位は玉置桃と大森あかり。 同じことが-63 kgの場合にも当てはまり、 高市美紅渡辺聖子 最後の行為で、 鍋倉奈美 それまでです 堀川めぐみ 日本のお祭りを完成させる問題です。

ループを閉じることは肯定です 新添沙希 オーストラリアに対して-70 kgで アオイフェ・コフラン. 3番目のステップで、彼らはフレットを仕上げました エリザヴェ・テルツィドゥ そしてスペイン人 角田あい ロースタン.

初日の結果

73: 1. 橋本壮一 (日本)、2. 古賀隼人 (日本)、3. Ksawery Morka (ポル) & Ken Oyoshi (日本)

81: 1. 小原研哉 (JPN), 2. 永瀬貴教 (JPN), 3. アルファ・オウマル・ジャロ (FRA) & 藤原壮太郎 (JPN)

90: 1. 増山康介 (Jpn)、2. エドゥアルド・トリッペル (Ger)、3. 村尾三四郎 (Jpn)、ラシャ・ベカウリ (Geo)

57: 1. 船久保遥 (Jpn), 2. 吉田司 (Jpn), 3. 玉置 桃 (Jpn) & 大森あかり (Jpn)

63: 1. 高市美紅 (日本), 2. 渡辺聖子 (日本), 3. 鍋倉奈美 (日本) & 堀川めぐみ (日本)

70: 1. 新添沙希 (Jpn), 2. Aoife Coughlan (Aus), 3. Elisavet Teltsidou (Gre) and Ai Tsunoda Roustant (Esp)

写真:IJF

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です