北朝鮮、日本へのミサイル:避難所にいる市民

(ASI) アジアで緊張が高まっている。 の VS北朝鮮は今夜、新しいミサイルを発射した。 学んだことから、それはIrbm Hwasong-12(中距離弾道キャリア)です。

過去10日間で、北朝鮮が主導した5回目の同様のイニシアチブ。 強力な武器は日本の領土の上空を飛んだ それは最大の警報を発したので、その都道府県では 北海道・青森 人々に避難を呼びかけるサイレンが鳴り響きました。 「ミサイル発射、ロケット発射。隠れてください」今朝、拡声器が轟音を立てた。 フライオーバーの期間中、一部の列車も運休しました。 札幌では地下鉄が一時停止。

金正恩の軍事的イニシアチブは、「地域と世界の平和」が危険にさらされていると語った東京によって非難された. 欧州連合と米国もこの事件に失望を表明した。 専門家の意見では、ワシントンとソウルの間でまだ進行中の深刻な危険と見なされている年次軍事演習への対応として解釈されるべきです.

マルコ・パガネッリ – イタリア通信社

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です