原子力発電の転換点に向かう日本:新しいプラントの準備ができている

2022 年 8 月 24 日水曜日 – 午前 11 時 51 分

原子力発電の転換点に向かう日本:新しいプラントの準備ができている

FT: 岸田総理がフクシマ後の好転を宣言

ローマ、8 月 24 日 (askanews) – 日本は原子力発電に転換する準備ができており、岸田文夫首相は新しい発電所の建設を検討する計画を発表しました。

ロシアによるウクライナへの本格的な侵攻を受けてエネルギー価格が高騰する中、岸田氏は、日本は 2011 年の福島原発事故の後、他の原子力発電所の閉鎖を再開し、次世代原子炉の開発も研究すると述べた。


首相は – フィナンシャル タイムズ紙の説明によると – 東京が今年停電の危険を冒した後、すでにいくつかの発電所の再開を発表していたが、新しい原子炉に関する彼の暫定的な計画は、福島後の政策の逆転となるだろう.

日本史上最大の地震が福島第一原子力発電所の原子炉3基をメルトダウンさせた2011年の災害以来、新しい発電所は建設されていません。


主にウクライナでの戦争に起因する世界のエネルギー価格の急激な上昇は、他の国々、特にフクシマの余波で決定された原子力発電の段階的廃止計画を再考しているドイツのエネルギー政策を再考するよう促した。年の終わり。

日本のエネルギー政策は、2011 年の災害で原子炉のほとんどが停止して以来、機能不全に陥っています。 これにより、アジア最大の先進国は、2050 年までに正味ゼロ炭素排出を達成しようと努力しているにもかかわらず、より多くの石炭、天然ガス、燃料油を消費することを余儀なくされています。


日本はエネルギーの大部分を輸入しているため、商品価格の上昇にも大きな打撃を受けています。 同国は液化天然ガスの約 9% をロシアに依存している。

福島以前、日本は 54 基の原子炉から電力の約 3 分の 1 を供給していました。 現在、6 基のみが稼働しており、一連の安全事故と、福島で溶融した 3 基の原子炉の所有者である東京電力に対する国民の深い不信により、再起動が妨げられています。

岸田氏は7月、冬季の電力不足を回避するために許可された10基の原子炉のほとんどを再稼働させる計画を明らかにした。

共有:


Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。