可能な啓示。 スロベニア、セルビア、イランがトップ4争いに参加 – OA Sport

最初の決勝戦で 5 チーム、2 番目の決勝戦で少なくとも 4 チームが出場し、世界選手権の準決勝となる可能性のある前夜に予想外の結果を得るために、お気に入りからの気を散らす可能性を利用する準備ができています。 ナンバーワンの弱者は、オーストラリアのコーチに賭けたスロベニアの 2 つのホストの 1 つです。 マーク・レベデュー 最後の 1 時間のホームアポイントメントの準備ができていること。 経験豊富なチーム 彼は適切な瞬間に興奮する方法を知っており、最後から 2 番目のシーンまで観客の勢いを維持します。 それを正しく行うための要素があります。

少し衰退しているが、最近の季節に武装解除からほど遠い運動は、セルビアの運動です。 Podrascanin と Lisinac、Atanasijevic と Petric のチームは、これまでのところスペアパーツを見つけていないため、経年劣化した要素を使用して旅を続けています。 しかし、特に賭け金が高い場合、彼らは依然として直面して打ち負かすのが難しいチームです.

すべての対戦相手が克服しなければならないもう 1 つの複雑なフォーメーションは、 イランのもの。 アジア人は、技術者と連盟による毛細血管と細心の注意を払った仕事のおかげで、絶対的な価値のあるプレーヤーを当てにし、興味深い新兵を紹介することができます. 最近のシーズンでアジアで最も重要な動きを生み出しました。 準々決勝で彼らがトップ 4 へのアクセス権を持っているのを見つけた場合、それは非常に驚くべきことです。

もっと驚くべきことは、決してビートを開始しない別のポーカー フォーメーション、石川の日本、 すべてのライバルと対戦できるセンチメートルとパワーが不足している、 アブデル アジズのオランダは、ネーションズ リーグのトップ 8 に入ることができ、何年にもわたる忘却とアルゼンチンのオリンピック ブロンズの後、トップに戻ろうとしています。 東京での悪用の後、スターのほとんどを失いましたが、質の高い労働力を頼りにすることができます. 本当のクレイジーな変数はキューバかもしれません。カリブ海の物理的な可能性は無限であり、技術はすべて検証されなければなりません。

FIVB画像

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。