太地町、日本でのイルカのクレイジーで血まみれの狩猟は始まったばかりです (そして 6 ヶ月続きます)

ああ、またか。 日本では、太地村海域でのイルカ漁が正式に始まりました。 今年も何百もの海洋動物が捕らえられて殺され、肉とイルカ水族館を充実させます

の海域 太地湾、 の南では 日本、 彼らは再び血に染まっている:貧しい人々の血 イルカ、 伝統によれば、食べられるか捕獲されるために屠殺され、世界中のウォーターパークに閉じ込められています。 そして虐殺は始まったばかりで、6 か月間続きます (狩猟シーズンの終わりは 3 月に設定されています)。 今年、合法的に狩猟できる標本は1800以上になります。

それは何十年にもわたって続いてきた血まみれの慣行であり、動物の権利活動家の戦いにもかかわらず、誰も止めることはできません. 数年間、湾は有刺鉄線で囲われ、残虐行為を記録したい人を防ぐために警備員によって守られてきました. しかし、それは反対意見をなだめるには十分ではありませんでした。

日本で鯨類の狩猟が正式に始まった9月1日以来、NPO法人ドルフィン・プロジェクトのボランティアは、イルカハンターの能力を世界に示してきました。

少なくとも十数個の標本がすでに彼らの手に渡っています。

「6 か月の狩猟シーズンの 2 日目、想像を絶する拷問を受けた後、9 頭のリッソのイルカが海から一掃されました。生命調査機関 (LIA) の責任者であるレンは、脊髄が損傷したときにビーチで最後の息を感じました。穿刺 – NGO 活動家が Facebook の投稿を通じてこれを知らせた – その後、9 人の死体は尻尾をつかんで漁協に引きずり込まれ、屠殺されました。

かわいそうなイルカに起きていることは、動物に対する犯罪であるだけでなく、人間の健康を脅かすものでもあります。 この問題にスポットライトを当てるために、2009 年に公開された「The Cove」と題されたドキュメントフィルムは、捕獲されたイルカの肉に含まれる非常に高いレベルの水銀を非難しました。

今日、ほとんどの標本は水族館やウォーター パークに販売するために捕獲され、そこで閉じ込められ、不幸でストレスの多い生活を余儀なくされています。 要するに、この慣行は、イルカ水族館と動物を容赦なく搾取する人々を豊かにするだけです。

イルカ狩りをやめよう

太地湾でのイルカ漁に終止符を打つために、いくつかの団体が何年にもわたって闘ってきました。 その中でも際立っているのは、NGO のドルフィン プロジェクトです。 オンライン請願 この狂った伝統の廃止を要求するために日本の当局に宛てた。 これまでに、366,700 を超える署名が集められました。

イタリアでも、この流血の慣習に反対する声が上がっています。 最近、Marevivo Onlus 協会は、 Change.Org の #StopMasacroDelfini 請願。

現時点では永久に放棄することができ、放棄しなければならないこれらの持続不可能な伝統に縛られない、私たちのようなすべての人々に参加してください. – 活動家に手紙を書き、あなたに署名を呼びかける – 鯨類および海洋哺乳類の保護に関する 1946 年のワシントン条約の精神に則り、環境の持続可能性の原則と保護された海洋生物資源の尊重に基づいています。

ソース: イルカプロジェクト/マレヴィーヴォ オンラス

また読む:

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。