女子バレーボール、イタリアがワールドカップで勝利、日本を破る (3-1)

女子バレーボール、イタリアがロッテルダムで開催された世界選手権で日本を破り (3-1)、勝利を収めました。 そこにイタルボレーが。

日本はロッテルダムで大敗(3-1)。 7戦6勝目。 ブラジルとのタイブレークの敗戦は、火曜日に取り戻されました。 準々決勝は差し押さえ。 すべての分野で著しい改善が見られました。 溢れ出るパオラ・エゴヌ(26点)ですが、納得したのは合唱リハーサルの全てでした。

だから重い勝利と誇りの大きな反応。 夢は続く。 優秀なデーンとキャプテン Sylla (13 ポイント)。 優れたボセッティ (10 ポイントと 2 つの連続した「エース」)。 この成功に支えられて、イタリアはグループのトップにとどまっています。

激しいバレーボール大会は4セットで決着

第 1 セット、通常のスタート: 11-11。 日本の守備は固い。 日本が19-15、20-17、23-19、25-20でリード。 イタリアは提出した。 第 2 セット: 最初は音楽に変化はありません: 日本は 8-5 ですが、イタリアを追い越す反応があります: 14-12、20-15、21-16、22-17、23-18、24 -20. 終了: 25-20。 1-1で引き分けです。 第 3 セット、ブルースは非常にうまくスタートします: 7-0、9-2、18-7、21-12、24-14、25-14。 イタリア 2 日本 1. 第 4 セット、苦戦、日本が 7-6 でリード。 逆: 10-7、14-8、17-9、18-10、20-11、20-14、24-14、25-14。 試合は勝った。

最初の目的地は決して忘れられない

避けられない。 ワールドカップでの最初の敗北 (ブラジルとのタイブレークで 3-2) – 5 連勝後 – 残念ながら、いくらかのスラグが残りました。 約2時間半の戦闘での敗北は、体と心に影響を与えます。 そして、それはあなたが近所に行くための計画を見直すことを余儀なくさせます. オーマイゴッド、停止はロッテルダムに到着した3人の火星人がバックショットを積んでいる担当のオリンピック副チャンピオンによって課されました.

そしてガブリエラ・ガビ、28歳、バズーカアタッカー、ブルースで30ポイント、控えめに言っても記念碑的なアスリートです. そして彼女の 2 人の尽きることのない戦士の隣には、アナ キャロル (31 歳) が中央にいて、ブルースがほとんど忘れることのない 4 つの「壁」であり、マクリス カルニエロ (33 歳) は常に明晰な通行人であり、ガビと花崗岩の爆弾のインスピレーションでもあります。

ベテランのキャロライン・ガターズ(41 歳)を忘れずに、代表チームの 10 年間、攻撃方法と壁の構築方法を知っている中心人物です。 そして、ナティーニャとして知られるナタリア・アルジョがフリーでエースを獲得したのは素晴らしい仕事でした。 非常に健康で、やる気があり、才能があり、いくつかの重要な状況で幸運だったチームには、期待することはほとんどありませんでした. 私は 130 フィートの青で、15 バーと 35 エラー ポイントを逃しました。 そして、アクティブな壁は 15 だけです。 付いてない日。

決定的な金曜日と土曜日

第2段 ワールド カップ (10 月 4 ~ 9 日、2 グループ 8 人) は、準々決勝への進出を賭けた 2 つの決定的な試合でイタリアと対戦します: 金曜日のアルゼンチン (午後 5 時 15 分)、土曜日の中国 (午後 1 時 30 分)。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です