妊娠中絶、日本ではパートナーの同意を得た場合のみのピル/しかし、出産はまだ減少しています…

日本の中絶薬法とその限界

となります 日本の法律 年末までに、 厳しい規制 上で 中絶薬 によって生産 イギリスの製薬会社ラインファーマ 国際的日出づる国に実際に認められた最初のもの: 1999 年以来利用可能、 薬用中絶薬は最終承認まで妊娠23年を要した 2022年末までに到着し、英国から30年遅れています。 日本では、 1948年の母性福祉法、 当初は優生法として知られていましたが、1996 年に部分的に改正されました。中絶手術は合法であり、第二次世界大戦後に世界で最初に合法化した国の 1 つです。 一方、薬理学は、錠剤を介して、まだ最終的なOKを欠いています:」原則として、 パートナーの同意が必要ですたとえ経口薬によって中絶が誘発されたとしても“、説明しました 橋本康宏東京議会委員会の前の厚生省の高官。

妊娠中絶薬を服用する前にパートナーの同意を得た上で、依然として国の東部で活発な論争を引き起こしています。 「妊娠中絶には配偶者の同意は必要なく、母体保護法から削除されるべきです。 夫婦の同意は、配偶者または配偶者との意見の相違により、女性が自分の意思に反して出産することを余儀なくされた場合に問題になります。 女性にとって、望まない妊娠を強いられることは暴力であり、一種の拷問です。」苦情文句 塚原久美安全な中絶のためのアクションジャパンの創設者。 法が中絶薬に課すその他の強力な制限の中でも、週末に処方できず、国民健康保険でカバーされないものがあります。日本のメディアによると、 1 回の投与で最大 900 ユーロの費用がかかります。 外科的中絶とほぼ同じです。 最後に、ピルを服用する女性は常に医師の監督下で服用する必要があります。

中絶は非常に少ないが、出産は始まっていない:日本のパラドックス

日本の制度では、女性が生殖に関する権利を乱用できるという認識があります。 医療の世界では父権主義的な傾向が強い。 女性を自分たちの支配下に置きたい「:彼はここ数ヶ月でこのようにコメントしています 染谷明日香36歳、 彼女はプロチョイスの活動家でもあります. 近年実施された研究でさえ、日本の産婦人科医はほとんどの場合、「翌日」の中絶ピルの使用に反対するか、少なくとも厳しい制限を表明してきました。カジュアルで無防備なセックスを奨励することにより、性感染症の蔓延を促進する可能性があります“。

しかし、社会のパラドックスは残っています。日本では、中絶の数が非常に少ないにもかかわらず、いずれにせよ中絶の原因を助けません。 出生率の伸び 出生数の減少 は、2021 年に 14 年連続で記録されました。 政府 しばらくの間、成功せずに逃げようとしてきた人。 また、これらの条件では、承認された中絶薬に課される強力な制限を読む必要があります。”再び日本の現実は深い矛盾を明らかにしており、法的、公式、公的レベルでは常に男性が優勢である一方、家族レベルでは女性が議論の余地のない役割を保持しています.Avvenire は昨年 6 月に、具体的にはピルに関する規則に言及していると述べています。

©著作権所有

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です