実写映画が開発中、レポートの詳細 – Nerd4.life

The Hollywood Reporter の新しいレポートによると、 パックマン実写映画 開発中です。

前述のように、プロジェクトはで開発中です バンダイナムコエンターテインメント (ビデオ ゲーム ブランドの所有者) と Wayfarer Studios、Justin Baldoni と Steve Sarowitz によって作成された制作会社です。

パックマン (元は日本のパックマン) は、1980 年代からゲームセンターを介してアイコンになりました。 キャラクターはまだ健康で、無限の食欲を持つ黄色のモンスターの冒険の新しい版が定期的に届きます.



パックマンワールド:リパック

実写映画はに基づいています チャック・ウィリアムズによる独創的なアイデア (ソニック – ザ ムービー) ライトビーム エンタテインメント。 Baldoni、Manu Gargi、Andrew Calof が Wayfarer Studios のプロデュースを担当します。 Williams と Tim Kwok が Lightbeam のプロデュースを担当します。

旅行者は最近、制作を拡大するために Sarowtiz から 1 億 2500 万ドルの投資を発表し、Disney+ の映画 Clouds を制作しました。 同社の今後の製品には、フットボールをテーマにしたドラマ – The Senior – と 10 代のドラマ/コメディ – Empire Waste – が含まれます。

教えて、 あなたが想像するように ライブパックマン映画?

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です