富野、将来への最大の願いを明かす

富野由悠季 彼が将来の計画について話すときでさえ、それは決して些細なことではありません。 5番目の映画 ガンダム Gのレコンギスタ は、この重要な一連の作品を締めくくり、8 月 5 日に日本でデビューしたばかりです。 この有名な監督は、一般に公開されたイベントに出席し、やや驚くべきことに、彼の将来の計画について次のように語っています。」私が一番したいことは、世界一周することです“。

残念ながら、80歳で健康上の問題を抱えている彼は、現時点ではこのようなことをする準備ができていないことを認識しており、アマゾンの熱帯雨林とグアナの盾をまだ訪れることができていないことを非常に残念に思っている. 、作成したのは間違いだったと認めます ギリシャ語または、特定の環境の雰囲気を考慮せずに: “何かを作る人は世界を旅しなければなりません。世界を訪れても何も失うことはありません。“。

この以前のニュースで述べたように、昨年、監督は、脊柱管の狭窄、または圧力を引き起こすことによる脊柱内の空間の狭窄のために、すでに引退について(当時、3年以内に)話していました。神経が侵されると、体の後ろや足に痛みやしびれが生じ、自由に動けなくなります。 彼が世界を旅するのを妨げている健康問題について話すとき、彼が話しているのはこれについてであることは明らかです.

参照元:
アニメニュースネットワーク

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です