小林博之氏がカプコンを離れてネットイースに移籍、バイオハザードとドラゴンズドグマのプロデューサーを務めた – Nerd4.life

小林博之彼が働いていた業界のベテラン カプコン 27年間、彼は日本の会社を辞めて入社することを発表しました 網易.

「27年間感謝して働いた後、私は2022年3月31日にカプコンを去り、プロデューサーとしてNetEase Gamesに正式に参加します」と小林はTwitterの投稿で述べた. 「この新しいベンチャー、この新しい時代に、より楽しいエンタテインメント体験を皆様に提供できるよう、これからも努力していきます。」

小林は 1995 年にカプコンに入社し、長年にわたって真に優れた経歴を築いてきました。 日本企業での彼のキャリアは、最初の 2 つのバイオハザードのプログラマーとして始まりました。 その後、バイオハザード 4、バイオハザード リメイク、デビル メイ クライ 1 および 4、ドラゴンズドグマ、ダイノ クライシス 2 など、非常に奥の深いゲームのプロデューサーを数多く務めました。

NetEase への参加を決めた日本のトップ デベロッパーは小林氏だけではない。 昨年、中国の巨人は、Suda51 の No More Heroes スタジオである Grasshopper Manufacture を買収しました。 セガのヤクザシリーズの生みの親である名越俊宏も、名越スタジオを設立して会社に加わりました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です