居住可能なベルトの近くを周回する新しいスーパーアースが特定されました

日本のすばる望遠鏡は、赤色矮星ロス 508 のハビタブル ベルトの近くを周回する新しいスーパーアースを特定しました。

新しいスーパーアースが特定されました: と呼ばれます ロス 508b母星の名前から、 赤色矮星 ロス 508 – 私たちから 37 光年離れています ヘビ星座. この発見は、自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターが開発し、地球に搭載された新しい赤外線観測装置の使用によって可能になりました。 すばる望遠鏡、ハワイにあります。 この機器は赤外線ドップラーと呼ばれます (アイルランド) 近くの星の周りの惑星に生命が存在する可能性を調査する可能性を提供します。

赤色矮星は、太陽よりも小さい星で、太陽質量の 0.1 ~ 0.6 倍です。 私たちの星の近くに豊富にあり、それらは地球の星の 4 分の 3 を表していると推定されています。 天の川. 地球に比較的近いため、研究は容易ではありませんが、太陽系外惑星や地球外生命体の探索には最適なターゲットです。 実際、赤色矮星は太陽の約半分の温度であり、可視光をあまり放出しません。

しかし、これらの星は赤外線でより明るく見えます。ここで、Ird の革新的な観測方法の出番です。 が率いる観測を実施したチーム 原川広樹 de Naoj (日本の国立天文台) は、彼が監視していた星の周りに惑星ロス 508 b の兆候を検出し、 結果 の上 日本天文学会刊行物 6月30日。

この惑星には興味深い特徴があります。親星の周りをわずか 11 地球日で完全に一周し、地球の内側の限界に位置しています。 生活空間 – 惑星の表面に液体の水が存在する可能性を認めるような星までの距離の間隔。 収集されたデータは、ロスの 508 b 軌道が楕円であることを示しているようです。これは、恒星の周りを公転している間に、惑星がハビタブル ゾーンを通過していることを意味します。 この特徴は、その表面に液体の水が存在するという仮説を未解決のままにしますが、研究者は現在、この側面を確認することができません.

彼が説明するように、Ird 装置からのこの最初の結果は、赤色矮星の周りの居住可能な惑星の将来の発見に対するすばる望遠鏡の可能性について、研究者にとって良い前兆です。 佐藤文英、東京工業大学および研究の共著者から:「Irdの開発から14年が経過しました。 私たちは、ロス 508 b とまったく同じ惑星を見つけることを期待して、開発と研究を続けました。

もっと詳しく知る:

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。