彼は投獄されたことも悔い改めたこともなかった

73歳で死去 日本の殺人者と強姦犯 佐川一成ニックネーム」で知られる神戸人食い人種」。 40年以上前の男性 殺して、レイプして、食べて オランダの学生ですが、そうではありません 収監されたことがない 彼の犯罪のために、楽しんで 栄光の人生 凄惨な殺人事件の後。

神戸出身の佐川さん死去 肺炎 11 月 24 日に、 個人葬 親戚だけで参加。 これは、殺人者が晩年を一緒に過ごした弟からの声明で確認されました。 車椅子 を含む一連の健康上の問題の後 脳卒中.

それは 1981年6月 ソルボンヌ大学で英文学を学ぶ留学生の佐川さんは、 パリ彼女は仲間の学生を家に招待した レニー・ハートベルト 最終試験のためにいくつかの詩を修正したことに対して。 彼らの勉強会では、 殺す ショットガンを頭に抱えた少女、 死体をレイプした 被害者の 彼は少しずつ食べた彼の死体から取り除かれた合計7キロの肉をなんとか消費しました。

フランスでは、その男は宣言されました 裁判に耐えられない 1983 年、精神病院で数ヶ月過ごした後、父の佐川明は日本への引き渡し 1984年、彼は「と診断されました。性格異常地方自治体によると、入院は必要ありませんでした。 殺し屋が帰ってきた 自由 刑務所で一日も過ごすことなく、 反省しない.

殺人の恐ろしい詳細と彼の反省の欠如について、佐川は 日本で有名人になる、そして彼のカムバック後の数年間、国内外のメディアに定期的にインタビューを行いました. 彼は何年にもわたって 数々のベストセラーを出版、全国紙のコラムを編集し、ポルノ映画に出演しました。 小説」では霧の中」、彼は詳細に再現しました 犯罪の段階 それが彼を有名にしました。 2017年、彼は ドキュメンタリー「カニバ」ベネチア国際映画祭出品。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です