心不全、線維化を減らし、病気の進行を防ぐメカニズムを発見

トリノ工科大学の部門間の研究グループは、心臓線維症の発症様式に関する研究で、モンツィーノの心臓病センターおよびイタリアおよび海外の他の7つのパートナーと協力し、権威ある国際ジャーナルの表紙を飾った出版物を獲得しました。循環研究」

トリノ、2022 年 8 月 26 日 – 心臓線維症を減らすことができるため、心不全の症例を減らすことができます。 これは、ポリテクニックの生物工学者のチームが参加した、ミラノのモンツィーノ心臓病センターの組織工学ユニット (マウリツィオ ペッチェ博士が調整) によって実施された学際的な研究によって確立されました。フィリッポ・モリナリ (電子通信部門 DET) およびダリオ・カルボナロ、ダイアナ・マッサイ、ウンベルト・モルビドゥッチ (機械航空宇宙工学部門 DIMEAS) による。

心不全は入院の主な原因であり、死亡率が高いことが特徴です。 この病状は、心筋の過剰な線維化に端を発し、正常な機能を変化させます。 研究の目的 – 著名な国際ジャーナルに掲載 交通調査 表紙の – 心臓線維症の被験者の細胞リモデリングにおける機械的刺激の役割を評価することでした。

実際、研究では、線維症の発症は、特定の機械的刺激に対する細胞の反応によって引き起こされる可能性があるという仮説が立てられています。 研究者は、イメージング技術と分子的方法を使用して、細胞の変形を評価しました。 特に、Polytechnique チームは、マウス モデルとヒト心臓細胞の定量分析を実施しました。

この研究は、心臓細胞への機械的刺激を阻害することで線維化を軽減し、心不全の進行を防ぐメカニズムの発見につながりました。

「心不全の根底にある細胞メカニズムを理解することは、線維症の進行に対抗し、心機能を回復できる革新的な薬を開発するための基本です」と工科大学の研究チームのメンバーは説明します。

関与するパートナー: 心血管組織工学ユニット – Monzino Cardiology Center、IRCCS、ミラノ。 トリノ工科大学; ローマ ラ サピエンツァ大学; Mediterranea Cardiocentro、ナポリ; Elettra Sincrotrone ScPA、トリエステ。 サン・ドナート・ポリクリニック、IRCCS。 ミラノ大学; 国立研究評議会 (IBBC-CNR)、モンテロトンド。 北海道大学、札幌(日本)。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。