招き猫、手を振る中国猫の実話

彼らは呼ぶ “その場しのぎの猫“、 また “中国の招き猫“、しかし実際には”招き猫” – それは彼の本名です – まったく中国人ではありませんが、 日本. そして、お守りとしてのその「名声」は、挨拶とはほとんど関係のない日本の文化や信仰に結びついています。

確かに中華料理店でよく見かけますが、その起源はまさに日本にあり、その名前は文字通り「」を意味します。猫の鳴き声」。 それは彼のポーズが、一般的に西洋の挨拶と結び付けて考えさせられるような挨拶ではなく、 想起.

実は、日本人は手のひらを外側に向けて手を上げたり、指を曲げたり上げたりを繰り返すことで人を呼び寄せ、猫がこのポーズを取ると幸運が訪れると信じられています。 したがって、家庭や商業活動に保管されている彫刻. 小像にインスピレーションを与えるために ジャパニーズボブテイル国で非常に人気のある猫、e 彼が持っている足によると、 それにはさまざまな意味があります。上げられた足が正しい場合、猫は健康と家族を調和させる必要があります。 左側であれば、むしろ商売繁盛・集客に効果があるとされています。

招き猫の由来

招き猫の起源は定かではありません。 東京と大阪のどちらで最初に作成されたのかは不明ですが、最後までさかのぼります 江戸時代 (そして19世紀後半)、版画や広告に登場し始めた.

また、足を上げた猫の置物が広まり始めたのは、 明治復興、何世紀にもわたる将軍の支配の後、天皇に権力を戻した日本の社会的および政治的構造の大きな変化. この期間中、当時非常に流行であり、ホールの外に飾られていた性的な装飾品やお守りは禁止されていました. 集会所そして、足を上げた子猫が、まるで彼に呼びかけている女性を表しているかのように、その場所に現れ始めました。

また、招き猫が幸運のお守りとしてどのように評判を得たかについては、いくつかの伝説があります。 その中で最も人気があるのは、天皇 (しかし、他の逸話は武士にも言及しています)彼が旅していたルートに沿って足を上げた猫を渡ったところ、元のルートから離れて、元のルートから離れて、自分が呼び戻されたと確信して近づいてきました。 罠を回避 それは後で彼に拡張されました。

別の伝説は、裕福な封建領主の物語です。木の下に避難しました 寺院の近く。 少し離れたところから、前足を上げて彼を見ている一人の僧侶の猫を見て、彼は彼に近づきました。 閃光 彼は隠れていた木に衝突しました。猫と僧侶に感謝の気持ちを表すために、金持ちの紳士は寺院にお金を寄付することにしました。

それから老婆の伝説があります 彼女はとても貧しいので、猫を売ることを余儀なくされました: ある夜、販売後、夢の中に動物が現れ、彼を表す粘土で小像を作るように言いました。 女性は従い、すぐに像を売りました。 その後、彼は他のものを作り始め、金持ちになって貧困に別れを告げるまで販売を続けました。

意味と色

招き猫は、前足だけでなく、色によっても意味が異なります。 フィギュアは一般的に 三色猫白ベースに黒とオレンジの斑点が入った、ジャパニーズボブテイルでこの被毛は比較的珍しいこともあり、一番人気の色ですが、他の色も生産されています。

白い招き猫たとえば、 は純度を示しますが、 悪影響を防ぎ、健康を守ります。 いくつかの信念はまた、攻撃者やストーカーを追い払うと信じているため、この色は女性によって選ばれることが多い.

招き猫ゴールド むしろ、それは富と経済的幸福に関連しています。 悪霊や病気を追い払い、黒のようにより保護機能があります。 黒まねき 最後に、ドライバーを保護し、学術的な認知度を高めるのに役立ちます。

日本の民話に登場する猫

猫 – 日本語で「猫」 – は通常、日本の民間伝承において重要な役割を果たしています。 彼らの国への到着はおよそ 西暦538年、中国から、そこに保管されていた古代のテキストや写本からネズミを遠ざけるために、寺院に広がり始めたでしょう. したがって、版画や彫刻の僧侶の隣にある猫の古典的な表現.

日本での報道によると、公式文書に記載された最初の猫の名前は「命婦のおとど»、一条天皇の猫。 伝説はそれを世話することだったと言います 女性の法廷全体、彼を養い、甘やかし、健康に保ちました。 しかし、猫は保護者やペットとして見られているだけではありません。 ブッダの死、彼の死を悼むために彼の体の周りに群がったすべての動物の中で、ヘビと猫は涙を流さずに目立ちました。 いくつかの理論によると、それらは両方とも悪であり、他の人によると、猫はその知恵と先見の明で、仏陀の不滅をすでに知っていたからです。

それから、猫を連想させる悪魔や神話の生き物がいます。 これは「化け猫“、文字通り「猫怪物」。日本の民間伝承では、猫が年を取ったときにとる形です。猫の特徴を維持しながら、火の玉を作成し、2 本足で歩き、さらには人間に変身する力を持っています。伝説は、イワシから得られた古代にランプを照らすために使用された油にそのルーツがあるようです: 猫を引き付けてランプを読むように促したエッセンス , 彼らの目に反射する光は、彼らを「悪魔」に変えます, 確かに. 次に、”猫又これは、今でも信じられていることですが、人間を餌にし、人間の形をとることで彼らをだまし、ダブルテールを「裏切る」.

猫に関連するもう1つの好奇心は、 京丹後の神社京都府にあります。 金刀比羅神社は日本で唯一、入り口に犬の代わりに猫の像が伝統的に置かれています。 私 “こまねこ»、これは保護猫の名前です。都市の住民は、ネズミを狩った猫に感謝の意を表し、都市の経済にとって非常に貴重な蚕を救いたいと考えていました。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です