指圧:マッサージスクールの有益な起源

指圧マッサージとは何ですか? エネルギーのバランスを取り直すことで心身の健康状態を改善できる治療の利点、適応症、および禁忌。 オペレータートレーニングのためのマッサージセンターと学校

指圧 西洋で最もよく知られているマッサージの 1 つです。 これは古典的な伝統的なマッサージではありませんが、身体的および心理的な原因による軽度および重度の病気の穏やかな治療で認められている東洋療法です。 日本語の「シ」と「アツ」という言葉は指と圧力を意味し、軽いタッチと指の圧力によって適用され、ブロックされた停滞したエネルギーを再活性化し、幸福を提供します.

指圧 それは正確なポイントを操作するプロのオペレーターによって実行され、提供者と受信者の間の平等な交換であり、両者の間には協力と相互尊重の関係が確立されなければなりません。 身体の緊張をほぐすリラックスマッサージですが、意識・無意識のレベルで筋肉・関節・血行を動的に意識することで癒しが起こります。

指圧の起源と種類

指圧の起源 それらは、100年前に現代的な形で更新された、数千年前の日本の慣習に言及しています。 これは、鍼治療でも使用される人体の特定のエネルギーポイントを特定する伝統的な中国医学に基づいています. 1940 年代以降、伝統的な技術と西洋の解剖学と生理学の概念を組み合わせて、波越法と禅指圧流に触発されたさまざまな流派が世界中に出現しました。

方法によると 浪越徳次郎による指圧 五行に応じたツボを操作することでエネルギーが特定のツボを通って臓器に流れます。 6世紀以来、体のエネルギーは火、土、金、水、木の5つの要素に分けられてきました. 病気や病気は、これらの要素の不均衡によって引き起こされます。 特に、火は苦味、大地への嫉妬、金属への憂鬱、水への恐怖、木の焦りを生み出す。

禅指圧 1977 年に到着した増永静人による心理学と神経学の手法も統合されています。 ツボマッサージに加えて、治療には、姿勢や呼吸に影響を与えるエネルギーの不均衡を減らすことができる他のエクササイズが含まれます. 日本ではそうです 指圧 1964年以来、健康を達成することを目的とした西洋と東洋の哲学を含む新しい形に常に進化している医学療法の一形態として認識されています.

指圧法のメリット

指圧法 運動、呼吸の意識、食事療法、精神療法の実践、瞑想が含まれます。 基本的な概念は、幸福とバランスは体と心の両方に依存するということです。 感覚と感情は、私たちの態度、姿勢、ライフスタイルの影響を受けます。 したがって、運動は心と精神に影響を与えます。

その完全性ゆえに、 魂と体 利点は、人々の全体的な健康にあります。 子供からお年寄りまで、さまざまな病状の治療のための伝統医学と組み合わせる方法として、または単にストレスや発達につながる可能性のある他の感情障害の管理の補助として、あらゆる年齢の人々に適しています。うつ病や不妊症などの問題。

指圧マッサージ 特に禁忌はありません。明らかに、すべての病気の万能薬ではありませんが、他の医学的および心理的治療に役立ちます。 横になったセッションの後、マッサージの効果を長引かせるために休むことは一般的に良いことです。 プラスの効果は、すぐに、または数日後に、2〜3週間ごとまたは月に1回行われるセッションの後に発生する可能性があります.

情報と学校

以下に、指圧の起源と歴史、それが実践されているセンター、および伝統を尊重してプロのオペレーターとインストラクターによって教えられたコースに関する詳細な記事を議論するいくつかのリソースを集めました.

情報指圧 オペレーターに会い、コース、セミナーなどに関する情報を入手して、古代東洋の慣習の中に起源が失われているこの慣行の哲学についてさらに学ぶための全国的なイベント

指圧マッサージ 自然療法に興味を持ち、実践するすべての人々の出会いと交流の場。 このサイトには、漢方薬に関する一般的な情報、特に体全体にエネルギーを注入する渦として定義されるチャクラのエネルギー面に関する情報が含まれています: 利点、禁忌、および好奇心

メッセージ指圧 書籍、新聞、記事、イタリア、ヨーロッパ、および世界中の毎日のプレス レビューなど、非従来型医療の世界に関するすべての情報を含むこの分野のオンラインおよび四半期定期刊行物。 学校、トレーニング、セミナーはプログラムで定義されています

指圧スクール 1983 年に設立されたこの学校は、International School of Shiatsu ネットワークと協力し、多くの都市にオフィスを構えており、「治療的接触」の道を歩みたいすべての人のために、プロおよびアマチュアのコースを編成しています。

ヨーロッパ研究所 入門コース、指圧オペレーター向けのトレーニングコース、詳細および高度なセミナーを通じて、ヨーロッパ全体にこの分野を普及させるための研究センター

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。