放射性廃棄物処理プラントの建設が進行中 » Science News







ろ過システムは放射能汚染を低減しますが、そのような処理ではトリチウムの存在を排除することはできず、国内外で反対を引き起こしました.

日本は木曜、必要な施設の建設を開始すると発表した。 福島原発の処理水を海に放流、プラントオペレーターによると。 内外の強い反対にもかかわらず、この措置はとられるだろう。 水曜日、東京電力は記者会見で、より多くの製品をリリースする意向を繰り返した。 100万トンの放射性水これは、2011 年の事故の後、福島原子力発電所の原子炉を冷却するために使用されました。日本は、福島原子力発電所の 3 番目の原子炉を再起動しています。 高浜、40年以上前に建てられました。 1 週間前、日本の原子力規制当局は、2023 年に開始され、完了するまでに約 30 日かかると予想されるプロセスである高度液体処理システム (ALPS) から処理水を約 1 キロメートル沖合で排水する計画を承認しました。

ALPS ろ過システムは放射能汚染を低減しますが、現在、処理によってトリチウムの存在を排除することはできません。 したがって、前に 核廃棄物を投棄し、 政府はそれらを海水で国家基準の 40 倍に希釈する予定です。 この決定は、環境と経済への悪影響を懸念する地域の漁師組合から強い反対を受けている。 中国や韓国などの近隣諸国も懸念を表明している。 中国外務省報道官 ワン・ウェンビン と言いました “福島での核汚染水の処分は、地球規模の海洋環境と環太平洋諸国の公衆衛生に影響を与える可能性があります“それは…ですか”これは決して日本にとって個人的な問題ではない“。









Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。