新しい心臓修復技術のためにトリノから東京へ

最新情報を入手するには、ニュースレターを購読してください。

まったく新しい僧帽弁修復技術を教えるために、トリノから東京へ旅行します。 これは、ステファノ・サリッツォーニとアレッサンドロ・バイロ (トリノの健康都市にあるモリネッテ病院の心臓外科医および心臓専門医) に最近起こったことです。 Salizzoni によって米国からイタリアに輸入されたこの微侵襲的な方法では、左胸を 5 ~ 6 cm 切開し、心臓の鼓動と人工コードの配置によって僧帽弁を修復することができます。

手術は、伝統的に「開心術」で行われ、体外循環をサポートしており、装置全体の機能を維持するため、弁の解剖学的構造を再構築するという利点があります。抗凝固薬の使用を制限し、入院と回復の時間を制限します。 つまり、心臓が止まることを避けることによって。 モリネッテ ディ トリノでは、年間約 250 件の僧帽弁手術が行われていますが、この新しい技術を使用しているのは 10% にすぎません。

日本だけじゃない

治療が意図されている患者は、人口の約 2% が罹患している特定の疾患である後部皮弁脱出による僧帽弁閉鎖不全症である必要があります。 新しい技術の使用による高コストと、従来の手術の経験と比較して約 5 年という比較的短い経過観察のため、年間に実施される手術の数は依然として限られています。 したがって、患者はリスクプロファイルに基づいて選択されます。

Salizzoni と Vairo の日本への旅行は、日本の首都の 4 つの病院でこの新しい技術を教えることを目的としていました: 順天堂大学、聖路加病院、東京大学医学部、新研究所. Heart Watanabe. 渡辺剛教授のチームの医療メンバーである瀬口龍太は、サリッツォーニとヴァリオの監督と彼らの教えのおかげで、日本で最初の独立したオペレーターとして認定されました. 長年にわたって得られた経験により、Salizzoni と Vario は、世界中の他の病院、多くのイタリアとドイツのセンター、およびオランダで介入を実施、指導、監督することができました. バス、オーストリア、リトアニア、スロベニア、ベルギー。 その他の介入は、ポルトガル、北アイルランド、中国、香港、日本で実施されました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。